雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

9月に読了したライトノベルで特にオススメの5冊

著者 タイトル 備考
冲方丁 オイレンシュピーゲル 特攻少女たちの日常と戦闘、そして憂鬱。良質なアクション。感想はこちら
入間人間 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん ライトノベル界に登場、ヤンデレヒロイン!感想はこちら
沖田栄次 クイーンズブレイド リターン・オブ・アマラ 袋綴じの口絵に描かれているのは、ぱんつ?はいてない感想はこちら
桜庭一樹 GOSICK s 3 秋の花の思い出 シンプルにしてシャープなミステリ連作集。感想はこちら
翅田大介 カッティング 〜Case of Mio〜 病める少女と悩める少年の新境地。感想はこちら

 9月はライトノベルをあまり読みませんでした。特にオススメの5冊というからには、最低でも10冊は読みたいですね。