雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

セカイの終りとハードボイルド・ファンタジーランドはジャンル名なのか

 小柳粒男『くうそうノンフィク日和』を読みました。感想
 読み終えてから「果たして、この作品は太田克史の意図通り叩いて貰えるのかしらん」と首を傾げてみたり。
 舞城王太郎も、佐藤友哉も、西尾維新も、講談社ノベルスからミステリと冠せられて刊行されたからこそ、叩かれた*1のではないでしょうか。どうなることやら。

くうそうノンフィク日和 (講談社BOX)

くうそうノンフィク日和 (講談社BOX)

*1:という表現が正しいかどうかは分かりませんが。