雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ハイテンポなデッキ構築『アセンション 拡張2 魂の嵐』開けてみた

 デッキ構築型ゲームと言えば祖たる『ドミニオン』に次ぐ知名度を持っているのは、最近だと『ハートオブクラウン』でしょうか。他に有名所と言えば『サンダーストーン』と、そして『アセンション』ですね。
 と言うわけで、第2拡張が発売されたので、早速、購入しました。いぇい!

開けてみた


 まずは箱です。
 基本と第1拡張と並べてみました。
 写真では、分かりにくくなってしまいましたが、箱のサイズは、完全に基本と一緒です。



 ひっくり返したところ。
 基本と異なり、ボードの画像は含まれていませんが、第2拡張には専用のボードがついています。



 さて、シュリンクを破りましょう。
 蓋と箱の隙間に、カッターの刃を差し込みます。



 ぺりぺりぺり……。



 ぱかっ。
 開けてみました。
 最初に見えるのはルールです。



 ルールと、その真下にあったボードをどけます。
 うーん。
 少ない!
 基本や第1拡張を入れられるように余計な空間を作っているのでしょうが、いかにも無駄な空間が多く、少なさを感じさせます。



 展開してみました。
 カードの枚数は、体感では第1拡張の2倍です。ただ、弟子や民兵といった基本に加え、秘術師や重装歩兵もイラスト違いで改めて入っているので、新規に加わるカードは、けして多くないように思います。



 カードを広げてみました。
 うん、こうして見ると多く感じますね。



 基本の箱からボードを取り出して、並べてみました。
 気持ち拡張の方が、色が濃いですね。



 そして、気になっていたカード裏の比較です!
 違う!
 また色が違います!!
 左から、基本、第1拡張、第2拡張なのですが、なんと第1拡張と第2拡張とでも色が異なります!
 もう、どうなっているんでしょうか。ファンだから書いますけれど、この品質の悪さは、なんとかならないのでしょうか。基本と異なるのは、諦めるとしても、せめて第1とは揃えて欲しかったです。
……とは言え、今後、第3拡張以降が出たときに、また色が違っていたら、逆に、ありかなという気もしてきましたよ。

おわりに

 写真を撮り忘れましたが『サンダーストーン 第3拡張 竜の尖塔』の右側の空いているスペースに収納することにしました。ぴったりです。
 そう言えば『アセンションプロモパック』を買ってもいいかなと、最近、思っています。たかだか30数枚のカードに1000円も出すのは、いかがなものかと思っていましたが、ファンとして貢献してもいいかなあ、と。