雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

交渉しなくてもいい『ボーナンザ:ファン&イージー』の感想

f:id:sinden:20181211211243j:plain
 ウヴェ・ローゼンベルクによる『ボーナンザ』シリーズの独立型拡張のひとつ『ボーナンザ:ファン&イージー』を遊びました。
 サブタイトルの「ファン(楽しい)」と「イージー(かんたん)」からも分かる通り、従来の『ボーナンザ』よりも楽しくてかんたんです。


……とは限りません!
 なんなんでしょうね、これ。
 ふしぎなプレイ感のゲームです。


f:id:sinden:20181211211356j:plain


『ボーナンザ』と言えば、交渉ゲームの傑作です。澤村さんの至言「他人のカードは自分のカード、自分のカードは他人のカード」という言葉を聞いて、蒙を啓かれましたが、ほんとうに面白いゲームです。
 ですが、この『ボーナンザ:ファン&イージー』の場合、交渉材料にできるカードは、場に並んでいる3枚のみですし、無理して畑に植える必要がないので、まったく交渉しなくてもよいのです


 正直、このルールによって『ボーナンザ』が、かんたんになっているかどうかは議論の余地があります。
 確かに、元々の『ボーナンザ』は自由交渉なので、選択肢は豊富にありましたが、これが3枚に制限されるとゲームは大きく変わります。イメージで言うと、交渉によって自分の畑を整えるゲームから、交渉によらず動じない畑を作りだすゲームに変わった印象です


 まあ、メカニズムの変更によって、プレイ感が変わったのはOKとしましょう。
 インタラクションを好まないプレイヤからすれば、たしかに「イージー」と言えるでしょう。でも「ファン」か? と問われると、どうなんでしょうね、と。
 個人的には『ボーナンザ』に見出していた面白さが、ごっそり落とされてしまって、面白くなくはないけれど『ボーナンザ』じゃない。という感じです。


これはこれで、面白いと思うよ。いいんじゃないの

あ、ほんとー! オリジナルと比べてどう?

どっちも豆だよ。豆は豆

なんか哲学だなあ