雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

表裏一体ひっくり返るコマでレース『まよえる仔羊とヤギ』の感想

f:id:sinden:20190314162948j:plain
 くだらないもの工房さんのゲームマーケット2018秋の新作『まよえる仔羊とヤギ』を遊びました。
 2人専用(もしくは2人対2人チーム戦で4人)のボードゲームです。


 変則的なレースゲーム……でしょうか。
 プレイヤは神様と悪魔とに分かれてゲームに臨みます。神様プレイヤは、羊コマをゴールさせるか、山札が尽きてゲームが終了した時点で、盤上に羊コマが残っていれば得点になりますが、うっかりヤギコマをゴールさせてしまうと失点になります。
 反対に、悪魔プレイヤは、ヤギコマが得点となり、ゴールした羊コマが失点となります。


f:id:sinden:20190314163027j:plain


 各コマは反転マスに止まるか、他コマに飛び越されると反転するので、どのコマを動かしたら、どこまでゴールに近づいて、どのコマをひっくり返せるか計算しながら遊ぶ感じです。
 とは言え、厳密に考える必要はそんなになくて、実際に遊んだ感じとして、中盤までは、そんなに趨勢を気にする必要はありませんでした。どんなに注意深く、羊を増やしていったとしても、一手ですべてをヤギにひっくり返されてしまうこともあるので、あんまり気にしても仕方ないんですよね。
 さすがに、ゴール付近だけは、一瞬の判断ミスで大変なことになるので考えますけれど。


f:id:sinden:20190314163118j:plain


 羊とヤギ、どちらをどれだけ進められるかはカード次第なので、運の要素も強めです。
 見た目はちょっとアブストラクトですけれど、実際的には気楽に遊べるゲームなので、ちょっと遊びたいときにうってつけです