雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

好きなものを食べて、嫌いなものは食べさせよう『わんこ食堂』の感想

f:id:sinden:20181228135911j:plain
 OneCoursさんのゲームマーケット2018秋の新作『わんこ食堂』を遊びました。
 コンポーネントが非常に凝っているタイルゲームです。


 犬派か猫派かと聞かれたら、圧倒的に猫派ですが、犬も嫌いではありません。
 と言うわけで(これは、さすがに、どういうわけでなんだ!?)、遊びました『わんこ食堂』です。


f:id:sinden:20181228135946j:plain


 ゲーム開始時、プレイヤは自分の好みを決めます。
 たとえば秋山が取った甘党ならば、スイーツの得点が増えます。この他には、肉が得点になる肉食や、マイナス点がプラスに転じる悪食なんていうのもあります。
 手番が来たら、山札からタイルを1枚引いて、3枚の手札のなかから1枚を自分の場、もしくは他人の場にプレイします。
 これを繰り返し、いずれかのプレイヤが満腹になったらゲーム終了です。


 いわゆる目的隠蔽系のゲームではあるのですが、ちょっとシンプルに過ぎると言うか、ランダム性が高すぎるかなという印象でした。
 写真の通り、甘党を引いたのですが、今回はゲームを通して、1度もスイーツをドローすることができず、まったく能力が活きませんでした。
 また、一緒にプレイした方は悪食だったのですが、マイナスのタイルを自分の前に置いた瞬間に、その正体が透けて見えてしまうわけで、隠蔽しきる難しさを感じました。


 また、ランダム性も高く、今回は、最初から最後まで安定して良いタイルを引き続けたプレイヤが、そのまま走りきってゴールし、勝利しました。
 コンポーネントの質は、とても高く、ドット絵で描かれたアートワークも親近感を抱けるものなので、個人的にはもったいないなあ、と。


 気軽に遊べるゲームですので、さっくり終わるタイルゲームを探している方には、オススメです