雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

パーティゲームの新定番『モンスターパーティー』の感想

f:id:sinden:20181228140111j:plain
 KUAさんのゲームマーケット2018秋の新作『モンスターパーティー』を遊びました。
 3~6人で遊べるブラフ系のゲームです。


 目指すところはシンプルです。
 自分ひとりでモンスターパーティーを成功させるか、モンスターパーティーを3回成功させるか、自分以外を全員脱落させれば勝利です。
 そして、手番の選択もシンプルです。手札から1枚をプレイするか、パーティの開催を宣言するか。
 シンプルでありながら悩ましく奥深い。定番ゲームの基本を抑えた、オススメしやすい一作です。


f:id:sinden:20181228140137j:plain


 パーティを成功させるには、カードを1枚ずつ指定していって、5種類のモンスターカードを表向きにする必要があります。というルールを聞いた瞬間は「髑髏と薔薇では……?」と感じましたが、『髑髏と薔薇』がこてこてのブラフであるならば、この『モンスターパーティー』は、まったく嘘をつかなくても勝てるルートがある、パーティゲームになっています。
 これは、ポイント高いですよね。
 ブラフゲームって面白い作品が多いので、使えるパーティゲームとして所有しておきたい一方で、ブラフが苦手なプレイヤも世の中にはもちろんいるわけで、そういう方も一緒になって遊べる調整が施されているのは、とても好印象です


 バランス調整も秀逸ですね。
 ブラフを多用して、駆け抜けようとしてもパーティを3回も成功させないと勝利にならないので時間が掛かります。それに対し、一切、ブラフをせずに黙々とひとりでパーティの準備を進め、これを成功させたら1回で勝利できるのですから、どちらもスピード的には同じくらいに整えられています。
 今回は、ブラフを駆使して勝つ予定でしたが、他プレイヤに先行されてしまい追いつけそうになかったので、途中から正直プレイに切り替えたら見事に逆転することができました。ブラフを使うべきなのか使わないべきなのか、という見極めも求められ、非常に面白かったです。


f:id:sinden:20181228140206j:plain


 モンスターパーティーを成功させたときに得られるこのチップも、良い出来ですよね。
 写真では分かりにくいかもですが、アクリル製の駒で、触り心地が良いです。
 パーティゲームの新たなる定番として持っておいて損はないです

合わせて読みたい

 KUAさんの前作となる『ガラクタ市』も、非常に優れた競りゲームで、初めての競りゲームにもうってつけの気軽さを内包したものでした。『モンスターパーティー』が気に入った方は『ガラクタ市』もオススメです。