雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ぬいぐるみがかわいいバランスゲーム『しぇすた・で・しゃ』の感想

f:id:sinden:20181228140549j:plain
 久遠堂さんのゲームマーケット2018秋の新作『しぇすた・で・しゃ』を遊びました。
 黒猫のぬいぐるみがかわいい2~8人で遊べるバランスゲームです。

こだわりの箱

f:id:sinden:20181228140501j:plain
 久遠堂さんの新作は、箱からしてインパクト抜群ですね。
 今回の『しぇすた・で・しゃ』は、どう見てもダンボール箱です。どう見てもダンボール箱なんですけれど、側面に貼られたシールを見ると、あらふしぎ、ボードゲームであることに気が付きます。素敵なデザインです。


f:id:sinden:20181228140621j:plain


 フタを開けると、こんな感じです。
 お手製の黒猫のぬいぐるみが、すやすやと寝ています。

遊び方

f:id:sinden:20181228140648j:plain
 ゲームは、黒猫1匹と、アヒル6羽を使います。
 寝ている黒猫のお腹のうえに、このアヒルをぴょこぴょこ置いていきます。
 アヒルを置くたびに猫が動く判定が行われ、黒猫の頭やしっぽのあたりを、むんずっと掴み、一定量、持ち上げる必要があります。見事、6羽のアヒルを乗せて判定に成功すると、勝利点が得られます。


f:id:sinden:20181228140720j:plain


 持ち上げる際は、メーターを用意して、カードに指示された色まで持ち上げることになります。
 緑くらいならちょっと傾く程度ですが、赤まで持ち上げようとすると、完全に浮くくらい持ち上げる必要があるので、安定していないアヒルは容易に落ちてしまいます。


f:id:sinden:20181228140745j:plain


 落ちるときは、こんな感じでわりとあっさり落ちます。
 無惨……!

ゲームの感想

 久遠堂さんには悪いですが、遊ぶ前は「どうなの、これ……?」と思っていましたが、実際に試してみると「なるほど!」と膝を打ちました。
 写真では今ひとつ分からないかもですが、黒猫のですね、腹部の面積が、けっこうちょうどいい感じなのです。わりとしっかりと敷き詰めていかないと6羽は、とても乗らず、空間に余裕を見て置こうとすると、5羽目くらいでだいぶ限界で、6羽目は、ぜんぜん置き場所が見つけられないのですよね
 順番回しのルールも硬派で、見た目に反して大人でも楽しめる難易度です。
 逆に子どもはどうなのでしょう。箱には5歳から遊べると書いてありましたが……まあ、子どもと遊ぶときは、あまりルールは気にせず、とりあえず乗せて、とりあえず持ち上げて楽しむ! くらいの気軽さでちょうど良いかもしれません。場合によっては、乗せなければならないアヒルの数を減らして、上限を6から減らしてバランス調整をはかってもよいかもしれません。

終わりに

f:id:sinden:20181228140549j:plain
 それにしても、この表情! いいですよね~
 すやすやと眠る猫の穏やかさが、良い具合に表現されています。