雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

トリックテイキングしてマンカラ『ペーターと2匹の牧羊犬』の感想


f:id:sinden:20190212115354j:plain
 数寄ゲームズさんのゲームマーケット2018秋の新作『ペーターと2匹の牧羊犬』を遊びました。
 2人専用のちょっと変わったプレイ感のゲームです。


 ふしぎなプレイ感のゲームでした。
 ちょっと面白いですよね。
 ルールを一読しただけではよく分からず、1回、遊んでみて、なんとなく「あー、なるほど」という感じでした。スルメゲーかもしれません
 考えてみれば、円卓Pのゲームは『姫騎士逃ゲテ~』の頃からそうでしたね。デザイナさんを間違えていました。今回は、円卓Pではなく、しぶさんでしたね。失礼しました。


f:id:sinden:20190212115438j:plain


 さて『ペーターと2匹の牧羊犬』ですが、まず、トリックテイキングします。リードプレイヤから動物を1匹出して、もう片方のプレイヤがマストフォローします。
 トリックを取ったプレイヤが獲得した2匹の動物を、自分の草地に離して、負けたプレイヤは自分の草地にいる動物でマンカラしてから、次のトリックのリードプレイヤになります。
 ゲーム中、得点計算のタイミングが2回訪れるのですが、これがけっこう曲者です。なんと2回目の決算のタイミングで、1回目の決算よりも得点が低い場合は、2回目の点数が0になってしまうのです。逆に、1回目の決算のときの2倍以上の点数を得た場合は、1回目の点数がボーナスで2倍になります。


「は?」
 そう思うことでしょう、秋山も思いました。
 でも、1回、やってみて得心しました。
 非常によく出来ています。


f:id:sinden:20190212120144j:plain


 噛み砕いて言うと、1回目の決算までは、なるべく自分の点数を抑えて、相手に点数を与える動きが有効なのです。そして、2回目の決算では、逆に自分の点数を増やして、相手に点数を与えないようにします。
 しかし、難しいのが、やりすぎてしまうことです。
 いくら2回目の成績が良ければ1回目の決算時に獲得した点数が2倍になるとは言え、1回目の決算時に相手に点数を与えすぎた場合、その前半の点数だけで走りられて逃げ切られてしまう可能性があるのです。
 とても加減が難しいです。


f:id:sinden:20190212120223j:plain


 うまいことマンカラで点数を制御するためには、トリックテイキングにおいてもタイミング良く勝ったり負けたりする必要があり、様々なスキルを駆使することが求められます。
 ただ、不透明な要素も多く、運とまでは言いませんが、気分によって勝敗が分かれるような気もしていて、どこまでルールがゲームを制御しているのか見極めきれません。
 傑作の可能性はあるので、上手い方がいらっしゃれば、是非、お相手をお願いしたい所存です。こっぴどく負けて「なるほど運ゲーではない、実力次第では必勝とまでは行かないが、ほぼ勝ちできるのか」を、身でもって知りたいです


コマが可愛かったねえ。ゲームは難しかったよ。勝てばいいのか、負ければいいのか、よく分からなかった

そもそも、トリックテイキングだから、残っているコマによっては、どうしようもない瞬間もあるよね