雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

読み合いバトル『黄昏の国のマモノツカイ』の感想

f:id:sinden:20190430185825j:plain
 やすみんゲームスさんのゲームマーケット2019大阪の新作『黄昏の国のマモノツカイ』を遊びました。
 2人専用のカードゲームです。


 ルールはシンプル。
 お互い、1から10までの数字と特殊能力が書かれたカードを、5つのエリアに対して出し合っていきます。最終的に数字比べを行って、過半数のエリアを支配したプレイヤがゲームに勝利します。


f:id:sinden:20190430185903j:plain


 ポイントは強力な特殊能力でしょうか。
 数字的に弱いマモノカードも、能力が抜群に強かったりするので、どう使いこなすかがポイントになります。
 面白いのはカードの出し方。
 表向きでプレイしたときは、当然ながら、その特殊能力が対戦相手の知るところとなりますが、そのエリアには追加でカードをプレイできます。
 一方、裏向きでプレイしたときは、その数字や特殊能力を伏せることはできますが、それ以上、そのエリアには追加でカードがプレイできなくなります。
 どのタイミングで、どのカードを、どのエリアに、表向き、それとも裏向きで出すのか。


f:id:sinden:20190430185942j:plain


 シンプルで、さくっと遊べる2人用カードゲームを探している方にオススメです


1回、ルールを間違えて遊んじゃったよね

そうね。片方のプレイヤが裏向きでカードを出したら、自分だけでなく相手もそれ以上、出せない。っていうふうに、ルールを解釈してしまったよね

実際には、裏向きで出したプレイヤが、それ以上、重ねられないだけで、相手プレイヤには関係ないよね、きっと

そうじゃないと、お互いに裏向きでカードを出し続け、先手プレイヤが必勝してしまうからね

なんだこれ……裏向きのカードしかない……っ! みたいなね

そうだね

正しいルールで遊んだら、ちゃんと遊べて良かった

良かった良かった