雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

35歳になったので、これからの生き方を考える

f:id:sinden:20190829204305j:plain
 昨日までアラサーでしたが、今日からアラフォーになりました秋山です、こんにちは。
 精神年齢としては、20歳くらいからまったく増えていない印象ですが、改めて考えると価値観も少しずつ変わってきたような気がするので、これからの生き方について考えてみます。つまり、誕生日に浮かれた自分語りなわけですが、誰かの学びや助けになれば幸いです。

徹頭徹尾、好きなことしかしない

 自分の好きなことしかしていません
 仕事においても、趣味においても、私生活においても、いついかなる瞬間も徹底して、自分の好きなことしかしておらず、気に入らないこと、やりたくないことはすべて断っています。
 もちろん、すべてがすべて、思いの通りに進むわけではありません。ときには不条理な事態に遭遇したり、回避できない困難にぶつかることもあるでしょう。そういうときは、全力で理由を作り出して断るか、他のひとに振るようにしていますが、どうしても自分のちからでやらないといけないときは、自分自身を納得させるようにしています
 この世界で、自分がやらないといけない理由を自問自答し、自分のなかで、すべての「やりたくない」という感情を排除してから、あるいは説明の落とし所を見つけてからやるようにしています。
 何故、そうするのか
 それは精神的安定のために、です
 なにかを嫌々やって禍根を残して、事態が好転するなんてこと絶対にないです。やりたくない仕事でも、やりたい理由を見つけ、やりたい気持ちを喚起することができれば、前向きかつ発展的に取り組めるものです。これは甘えるとは違います。自分を甘やかし、もてなすわけではありません。
 自然体のまま、全力を発揮するために好きなことしかしない、というスタイルでやっています。

生涯年収を増やすためにやっていること

 充分な睡眠を心掛けています
 以前は、睡眠時間ほど人生において無駄なものはないと考えていました。意識のない時間をもったいないと考え、夜ふかしを繰り返していましたが、睡眠不足は肉体を傷つけるだけです。
 投資の考え的には、より長い期間にわたって働きつづけ、そして、より長期間にわたってリターンを貰った方がお得です。まだ35歳なので、説得力がないかもしれませんが、生涯年収を増やすための確実な手段として、長生きというものがあると思います
 では、長生きの秘訣とはなんでしょうか? それは、質の良い、そして充分な睡眠時間と、ストレスのない生き方です。ストレスに関しては上述の通り、好きなことしかしないという生き方を実践することで、ストレスを排除しています。後は、しっかりと夜、寝るだけ。ザッツ・オール。

銀河系最強の廃業

 何年か前まで、負けず嫌いな秋山は、自身のことを臆面もなく「銀河系最強」と自称していました
 銀河系最強とは何か? それは、最終的に勝つ、という生き方です。一度や二度の敗北や失敗は誰にだってあるものです。経験が足りない、お金が足りない、時間が足りない、これらの理由で、どうしたって勝てない場面は多々あります。
 しかし、絶対に諦めない、絶対に屈しない、最終的に、どれだけ時間が掛かろうとも、絶対に勝つ。そうして、最後に勝てば、すべての敗北は帳消しになり、結果として最強であれる。そういう生き方です。
 でも、やめました。
 銀河系最強であること、銀河系最強でありつづけることをやめました
 それは、勝ち負けにこだわることが、とても稚拙に思えたからです。考えてみれば、勝者は、自身の勝ちに固執したり、意識したりしません。敗者だけが負けたという事実に打ちのめされ、いつか勝てるようになりたいと思うのです。そして、敗者だけが最強になりたいと願うのです。
 そもそも勝ち負けを意識しない。勝利それ自体や、勝利することに対して価値を定義しない。そうすれば「いずれ勝たなければならない」という負債を抱える必要がなくなり、両手を空けておけます。両手が空いていれば、いつでもパスを受け取れますし、転んでいるひとがいれば手を差し伸べられます。
 そう考えて、学生の頃からずっと掲げていた銀河系最強の看板を下ろしました。

人生にいなくてはならない存在について

 全人類は、自分自身の幸福をこそ、優先順位1位に掲げ、追求しつづけるべきだと考えています
 これは他人をないがしろにしても構わない、を意味しません。何故なら、人間は、他人がいて初めて存在するからです。秋山という人間は、その周囲にいる人間との関係性に基づいて、初めて成立するわけで、自分を大事にすることは、他人を大事にすることとイコールです。
 現在、秋山に最も近しくて、秋山の人生にいなくてはならないのは妻ですが、妻に感謝し、彼女を満足させること、彼女を愛することが、引いては自身の人生の充実に直結すると考えています
 結婚して以来、毎日、必ず、好き、綺麗、可愛いという声を掛けつづけていますが、彼女を看取る最後の日まで続くことでしょう。

この世界に、この存在を銘記する

 一発の特大花火を、夜空に打ち上げることは、かんたんなことです
 けれど、定期的に花火を打ち上げつづけることは、とてもむずかしいです。と言うか、まったく別種の筋肉や熱量を要します。そして、後者をこそ、より素晴らしいものとして評価したいと思います。
 叶うならば、何月何日かに1発の特大花火を打ち上げた存在ではなく、何年から何年まで、複数年にわたって長々と花火を打ち上げつづけた存在として、後世に名を残したいです。
 より長い時間、長い距離を走りつづけるために、今夜も早く寝て、身体を休ませつつ、ゆっくりのんびり、しかし確実に走っていきたい所存です。

人生に無駄なことなんてチリひとつない

 無駄があるとすれば、それはなにかを無駄だと判断するあなた自身の未熟な感性でしょう
 その昔、本読みになることを志したとき、確かに人生において読める本には限りがあると認識しました。そして、駄作を読む時間は無駄で、傑作だけを効率的に読むべきかもと一瞬、思いました。でも、そんなことはなかったです。傑作や名作を読み分けるには、同じ量の駄作を読んでないと見分けられません。
 ボードゲームだって一緒です。インストを聞いて、あんまり面白くなさそうに思えても、とりあえず最後まで遊びます。
 と言うか、これは感性の問題です。感性を磨く、センスを育てるという観点に立てば、無駄な作品、触れる必要のない作品なんて、マジで、この世界に、たったひとつも存在しないのです
 何からでも勉強できる、いついかなる瞬間も、自分をアップデートできる。自分を育てられるのは、成長したいと思う自分自身で、自分が励起すれば、世界は何度だって輝きますし、美しさは再発見できます

終わりに、これからの10年間

 という理由で、これからも劣化することなく、20歳のときの精神年齢のまま勉強しつづける所存です。1分1秒を大事にして、いろいろなひとからいろいろなものを吸収し、同時にいろいろなひとにいろいろなものを与えられるようになります。
 ここまでを読み返し、すでに充分に頑固で、自分ルールで生きている感じではありますが、偏見なく、アイデアと知見を持って、あんまり上からマウントを取ることなく、物腰やわらかい感じで過ごしていこうと思います
 アラフォーになって、面倒くささが溢れかえるかもしれませんが、真摯にやっていく予定なので、これからも、よろしくお付き合いください。