雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

835

ご近所探偵TOMOE (幻冬舎文庫)

ご近所探偵TOMOE (幻冬舎文庫)

 息抜き代わりに読める本を探していたところに遭遇。著者は戸梶圭太、タイトルも表紙もアホそうだし、えらい薄い。「これだ!」と思って読んでみたら、想像に違わず満足。これ以上はないというぐらいに脱力して楽しく読めた。
 裏表紙に「ちょっとエッチでコメディな能天気ミステリ」とあったが、正確には「ちょっとの間隔でエッチする能天気な夫婦のコメディ」が正しい。