雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

「800字ヴァンパイア」イベント詳細発表

 少し遅い情報ですが、東雅夫の幻妖ブックブログにて、「吸血鬼/ヴァンパイア文学800・アート」賞/表彰式&イベントの詳細が発表されています。

「吸血鬼/ヴァンパイア文学800・アート」賞/表彰式&イベント

トークショー菊地秀行東雅夫今野裕一(司会)
【入賞作品朗読】Cafe凛堂(代表・迫水由季)予定

【日時】2007年12月21日(金)19:00開演
【会場】パラボリカ・ビス
    東京都台東区柳橋2-18-11
【定員】50名
【入場料】1500円(トークショー・展覧会入場料込み)

http://blog.bk1.jp/genyo/archives/2007/11/post_1139.php

 800字ヴァンパイア掌編の募集要項も告知されています。締め切りは今月末。

 今冬、東京・浅草橋の「夜想」ギャラリーで開催される「ヴァンパイア」イベントの一企画として、
広義の「吸血鬼」をテーマとする800字の文芸作品(小説・詩歌含む)を一般公募いたします。
また、絵画や写真など「吸血鬼」をモチーフにした平面作品も同時に公募いたします。
選考の結果、入賞となった作品は、イベント会場にて発表の機会を設けさせていただきます。
イベント当日には、ゲストによる特別賞もご用意しています。

http://blog.bk1.jp/genyo/archives/2009/08/post_1042.php

 文芸部門は朗読されることが前提、アート部門は印刷されて展示されることが前提のようです。
 どちらも賞にしては非常に珍しい形式だと思います。自分の作品を朗読されたい方、展示されたい方は要チェック! ですね。
 秋山も文芸部門には少し挑戦しようかなと考えていますが、イベントの参加は会場がちょっと家から遠いのと、50名という人数制限がネックですね。どうしようか迷っています。