雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

本を読もうとする余り、小説が読めなくなってしまう病

 本読みでない異性の友人にオススメの作家を問われ、咄嗟に万城目学と答えてしまいました。
 まあ、それはともかく。
 相手が本読みであったとしても、いちばん最近に読んだ本を問われると答えに窮します。敢えて面白いものを答えたいわけでもなく、ただ単に直近に読んだ本が思い出せないのです。
 その理由をここ数日ほど考えていたのですが、ようやく答えらしきものに辿りつきました。


 その答えとは……新刊を消化し、積読を崩すことに無心するあまり、小説それ自体が読めていなかったのではないか、というものです。
 考えてみれば、秋山は普段、bk1から届いた箱を開けた後、届いた本を縦に積んで、上から順番に機械的に読んでいます。確かに、細かく見れば、能動的に本を読もうとしています。けれど、実際にはそこにある本を機械的に読んでいるだけであり、かんたんに消費してしまっているだけかもしれません。
 少し新刊の購入を抑え、作家ベースで読んでいこうと決意しました。そんな秋の夜。