雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

「Truth Untruths」を遊びました。

f:id:sinden:20170704120729j:plain
 楽カフェ・ゲームズさんのゲームマーケット2017春の新作『Truth Untruths』を遊びました。
 けっこうオシャレなカードデザインです。
 バーのテーブル席で、ちょっと飲みながら遊んでも違和感ありません。


f:id:sinden:20170704121543j:plain


 ゲームは言ってしまえば『ブラフ』。
 場のカードの総数を予想しながら、どの数字が何枚あるかを宣言し、じょじょに釣り上げていきます。
『ブラフ』の場合、基本的にはダイス目次第と言うところがありますが、このゲーム『Truth Untruths』の場合はカードです。手番が来たら手札をプレイすることになるのですが、このとき表向きで出す、つまり情報を他プレイヤにさらけ出した場合、伏せられている場札や、他プレイヤが伏せてプレイしたカードを、こっそり覗き見ることができるのです。


 この、覗き見できる、というルールがよく出来ていて、ゲームに花を添えてくれます。
 たとえば展開のひとつとして、


Aさん「今、2のカードを伏せたので、2が4枚と宣言しますね」


Bさん「ふーん。まあ、いいや。じゃあ、私は5のカードを表向きで出します。で、あなたが今、伏せたカードを見させてもらいますよ……(こっそり覗き見る)……なるほど、なるほど。じゃあ、2が5枚で」


Cさん「ええ~っ、どういうことー!?」


 みたいなことが起こりうるのです。
 つまり、AさんとBさんとで、ふしぎな協力関係が築かれる、と言うことですね。


 ちなみに、もうひとつ面白いルールがあります。
 それは、ライフのカード。
 このゲーム、ブラフ宣言で負けた場合、ライフカードを失って、すべてのライフカードがなくなるとゲームから脱落するわけですが、脱落するまでの間であれば、ライフカードを、ワイルドカードとして使用することが可能なのです。
 つまり、肉を切らせてでも、骨を断ちにいく、そんな状況を作りだすことができるわけです。
 ちょっとオシャレにブラフを楽しみたいひとにオススメです。