雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

最高のお茶を立てる『Re:休から始める茶室生活』クリアしました

f:id:sinden:20170827202357j:plain
 博多なぞサミット2で開催された九大謎解き企画Questさんによるルーム型公演『Re:休から始める茶室生活』の感想です。ネタバレには気をつけていますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

 歴史研究部の仲間と共に、干利休(かんのりきゅう)ゆかりの茶室を訪れていたあなた。
 しかし、勝手に茶室に踏み込んだ彼らに怒り、利休の怨霊が目覚めてしまった!
 「おぬしら、茶の心をわきまえた上でこの茶室に来たのじゃろう?
  …30分じゃ。それまでに””最高のお茶””を立ててみせよ。
  さもなくば、茶と共にこの部屋で一生を終えてもらおう。」


 利休を満足させるお点前を披露し、この茶室から脱出せよ!

http://nazosmthkt.tonkotsu.jp/nazo4.html

脱出率

 不明。

閉じ込められる前

 せっかく九州に来たのだから、九州の団体さんの公演が遊びたい! そう思って、この公演は初手で選びました。なんとなく和風のテーマも気に入ったからです。

閉じ込められてから

「お! 和室じゃないですか! 風情ある~!」


 部屋を決めてから、謎を考えたんですかね。
 千利休ならぬ干利休(かんのりきゅう)から提示された謎を、次々と解き明かしていきます。
 ルーム型とは言え、探索要素は控えめで、実質、ホール型感ありましたが、暇な時間を使って先行して情報を整理したり、大謎で使いそうなものを仕分けていきます。


「解けました! LION*1って出てきました」


「LION? ああ、ライオンですよね! これです!!」


 実にスムーズです。

脱出を終えて

 と言うわけで、さっくり脱出成功。
 正統派謎解きという感じで、安定感は抜群。最初から最後まで、楽しく遊ぶことができました。

秋山チャート

要素 5段階評価
オススメ ★★★★
探索 ★★★
物量 ★★★
ストーリー ★★★★
歴史度 ★★★★★

*1:嘘の答えです