雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

アナフィラキシーショックを避けてハチミツを集める『Sweet Honey Bee Mine!』が傑作でした

f:id:sinden:20170923192340j:plain
 新ボードゲーム党さんのゲームマーケット2017春の新作『Sweet Honey Bee Mine!』を遊びました。
 激烈に面白かったです。
 ルールを聞いた時点で、


「これは傑作ですね……」


 と呟いていました。


f:id:sinden:20170923193954j:plain


 勝利条件を3つあります。
・1人以外全員気絶。
・獲得した蜂の合計が35以上になる。
・1~5の蜂を3枚以上獲得する。


 ゲームが始まると、5枚の手札と15枚のチップが渡されます。
 スタートプレイヤは手札から1枚を選び、裏向きのままチップを1~3枚乗せたうえで、左隣のプレイヤに渡します。カードを渡されたプレイヤは、チップを受け取りカードを公開して獲得するか、同量のチップを乗せて、さらに左隣のプレイヤに渡すかの二択です。
 同じ数字の蜂を獲得してしまうと、アナフィラキシーショックで気絶して、ゲームから脱落します。
 以上。


 どうです?
 分かりますかね、実にシンプル極まりないエレガントなルールでありながら、プレイヤ間の読み合いがとても激しい、高度なゲームであることが。


「これは傑作過ぎる。遊ばなくても分かる。何なら、もう遊ばなくてもいい」


 とか、アホなことを言いましたが、もちろん遊びました。
 そして、遊んだ上での結論ですが、


 はい。分かっていたけれど、面白い!


 傑作ですよ。マジで。
 何度、遊んでも良いですね。最高に楽しかったです。
f:id:sinden:20170923192358j:plain