雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ゲームマーケットの試遊卓を使った『惑星C70へのプレゼントを探せ!』をクリアしました

f:id:sinden:20171202100750j:plain
 ゲームマーケット2017秋で遊んだcrollさんの『惑星C70へのプレゼントを探せ!』の感想です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

内容

今すぐサクッとできちゃう謎解きゲーム。
スペース・サンタになって惑星C70の欲しいものを見つけ出そう。所要時間30分程度。試遊卓の写真を撮れば、おうちに帰っても遊べます。

感想

 ゲームマーケットと言えば、ボードゲームを中心としたアナログゲームの祭典。その試遊卓と言えば、各サークルが新作の試遊スペースを提供して拡販に用いる場所。
 ここ最近、持ち帰り謎を販売するサークルも増えてきましたが、試遊卓を使って、周遊謎を提供するのは珍しいパターン。
 元SCRAPで現在は独立しているユカさんの作品ということで、わりと開場してすぐに遊びに行きました。


 と言っても、


「キットを100円で買って、テーブルの写真を撮れば自宅でも解けますよ」


 ということだったので、その日のうちに解くことはせず、キットだけ購入して、テーブルの写真を撮りまくったのでした。


 帰宅後、ゲームマーケットで疲れた頭を酷使して、なんとか謎を解いていきます。
 何と言うかストーリーが幻想的で良いですよね。
 ゲームマーケット全体を宇宙として、そのブースのひとつであるC070を惑星としている点が雰囲気バツグンです。
 さらに、サンタとなって惑星の欲しいものを考えるという、ちょっとガイア理論的なところも面白いです。


 内容的には、会場価格で100円としているのでしょうが、デザインの綺麗さも含め、500円でも良かったのではと感じました。最終的なストーリーもほっこりと楽しいもので良かったです。
 こういう形態でブースで持ち帰り謎を提供しつつ、試遊卓を使ってかんたんな謎解きを遊ばせてくれるサークルが増えれば嬉しいですね。