雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

小僧に奪われないよう末吉を集めろ『大正吉凶なし』遊びました


f:id:sinden:20171228144213j:plain
 トイドロップさんのゲームマーケット2017秋の新作『大正吉凶なし』を遊びました。
 一風、変わったバッティング系のゲームでしょうか。
 親から時計回りに「出る」もしくは「降りる」のフェイズがあるのは『テキサスホールデム』や『八八』に近しいところがあります。
 一周したところ「いっせーのーせっ」でカードを公開、


・小僧が1人だと、小僧が得点カードを総取り。
・小僧が2人以上だと、得点カードは出したひとがゲット。
・小僧がいなければ、得点カードは出したひとがゲット。


 また「降りる」を選択した場合は、カードを裏向きにして1点として獲得できます。


f:id:sinden:20171228143312j:plain


 パッケージにも「重要なのは末吉」と書かれていましたが、いかに末吉を集めるかが主眼のゲームですね。
 小僧に得点を奪われないかどうか、小僧で得点を奪えるかどうか。結局、指運ひとつという考え方もありますが、カード開示前に「出る」/「降りる」の選択があることがアクセントになっています。


f:id:sinden:20171228144142j:plain


 秋山が遊んだときは「出る」を選択した3人が、3人とも小僧だったりして爆笑というシーンもありました。
 なかなか展開をコントロールしにくい、ままならないゲームですが、気軽に遊べる良い作品です。