雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

決着は敢えて先延ばしにする『雌雄決さない』遊びました

f:id:sinden:20171228191430j:plain
 ひとじゃらしさんのゲームマーケット2017秋の新作『雌雄決さない』を遊びました。
 これは傑作ですね。
 敢えて言うと、コンポーネントの視認性が悪いくらいしか良くないところがないくらいです。
 それくらい、良いところばっかりのゲーム。少なくとも秋山は大好きです。まあ、単にあらゆる協力ゲームが好きなだけかもしれませんが。


f:id:sinden:20171228190818j:plain


 さて。
 コミュニケーション系の協力ゲームで、手番が回ってきたプレイヤは、たとえば、


「旅行と言えば山? それとも海?」


 とか、


「きのこの山? それとも、たけのこの里?」


 みたいなお題を出します。
 そのお題に対して、各プレイヤは秘密裏に雌雄チップを投票箱に投じます。
 全員がチップを入れたところで箱をオープン。雌チップと雄チップが同数入っていたら成功、同数でない場合は、同数になるように意見を変えさせる必要があります。
 他プレイヤの意見を変えさせるにはポイントを使ってしまい、全員が親手番を迎える前にポイントが尽きてしまうと敗北となります。


 同数に票が別れるのか、どこまで空気を読むのか?
 それとも、空気など読まず、信念のままに票を投ずるのか?
 最初から最後までずっと楽しい、素晴らしいゲームでした。