雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

グラブルプレイ日記『ロボミZ』(ネタバレあり)

f:id:sinden:20180412141951p:plain
 遅ればせながらグランブルーファンタジー、先月末のイベント『ロボミZ』お疲れ様でした。
 年度末からの新年度の諸々に忙殺され、至極の指輪を獲得するに至らなかった秋山です。不甲斐ない……。

まさかのシリーズ第3弾

 初めて『ロボミ』を遊んだときは、まさかシリーズ化するとは思いもしませんでした。
 シナリオとしては、けっこう完成されている印象があり、続き物になるとは考えにくかったので『ロボミ外伝』が発表されたときは驚きましたし、『ロボミ』がサイドストーリーに登録され、『ロボミ外伝』の復刻が知らされたときも、まさか第3弾だとは。

漆黒の機体、黒きギガントスーツの男!

 シリーズの第3弾にして、こういう闇堕ちしたようなブラックヒーローが現れたところで、なんとなく『スパイダーマン3』を思い出しました。一般には、もっとも人気が低い『3』ですが、秋山は、わりと好きです。

 さて。
 デスロウという存在は、けっこう面白かったです。壊獣の中から生まれでて、天敵たる人間に対抗するために壊人となるも、最終的に壊獣に敵扱いされてしまうあたり、ちょっと悲劇ですよね。そろそろ最終回を迎えそうな榊健滋『ラブデスター』も、ちょうど同じような展開があったりして、シンパシーを感じました。

コントロールが効かない戦闘

f:id:sinden:20180412143334g:plain
 シロウと主人公がデスロウに連れ去られた後、壊獣化された展開は、ちょっと精神的に来るものがありましたね
 ハレゼナはメンタル弱すぎる子なので、あれですが、絶対の信頼をおいていた仲間が、敵に回るなんて、ちょっと受け入れられるものではありません。ましてや、プレイヤが操作する方が敵になっているわけですからね。画面外から、壊獣の手が伸びてきて、勝手に戦闘ボタンを押すシーンなんかは、思わず、


「うおっ」


 となりました。
 そして、それ故に、ロボミの復活シーンは、思わず泣きそうになりました。

スーパーロボット大戦にゴッドギガンテスが登場する日もありうる!?

f:id:sinden:20180412134551g:plain
 このシーンは思わず笑いました。
 関係ないですが、スーパーロボット大戦の鋼鉄の孤狼というBGMは大好きです。

終わりに

 クリア後のオマケ要素である壊獣のスキンは、タヌキ型とボール型とで悩みましたが、タヌキ型にしました。
 このシステムは『フォール・オブ・ドラゴン』のベス以来ですかね。久々に見ました。


 さて、次は『名探偵コナン』とのコラボイベント、もう始まってますね。まだ、コナンを仲間にすらしていませんが、今夜から気合を入れて盛り返していく予定です。ではまた!