雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

FGOプレイ日記『ぐだぐだ明治維新』(ネタバレあり)

f:id:sinden:20180614212642p:plain
 少し前に復刻されたFGOのぐだぐだイベント第2弾『ぐだぐだ明治維新』の感想です。
 いきなりですけれど、シリーズ物を復刻するならば、まずは第1弾を復刻してほしいですよね。配布サーヴァントの織田信長、欲しいです。

停滞を願う織田信勝

f:id:sinden:20180614212922p:plain
 信勝……。
 この無邪気な笑みを見ると、なんだか感じ入るところがありますね。
 出だしこと、ぐだぐだ粒子とか、よく分からないギャグっぽい感じでしたが、織田軍と新選組がときに敵対しながら、ときに共闘する展開は、けっこう胸熱で、首謀者であった信勝も、なんだか悪巧みしてるなあという感じでこらしめてみたら、根はこんな感じで、ままならないなあと思いました。是非もない。

世界を変える織田信長

f:id:sinden:20180614213439p:plain
 停滞を願う信勝の気持ちは分からなくもないですが、すべてを打破して改革していく織田信長も、また第六天魔王らしく、織田信長ですよね。
 ギャグ感を出していくスタイルでありながら、通すべき筋は持っているので、とてつもなくかっこいいです。是非もない。

終わりに

f:id:sinden:20180614213500p:plain
 けっこう長々と書いたのですが、うっかり削除してしまって意気消沈です。
 まず、テキストエディタで書いて、その後、切り取って、ブログに貼り付けて、でも電波が貧弱だったので、画像をアップロードするには不向きな環境であることに気づき、画面を閉じてしまった結果、ブログの編集画面からもテキストエディタからも文章が失われるという悲劇。是非もない。