雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

構築済みデッキで2人対戦『戦国覇王』の感想

f:id:sinden:20191015230634j:plain
 DRIVE GAMESさんのゲームマーケット2019春の新作『戦国覇王』を遊びました。
 2人専用のカードゲームです。


f:id:sinden:20191015230750j:plain


 織田信長や徳川家康、前田慶次に真田幸村と、誰でも知っている戦国武将カードを、盤面に配置し、相手の城門にダメージを加え、先に相手の城を落としたプレイヤーが勝利、とTCG風のゲームです
 ゲームの中に遊ぶのに必要なカードはすべて含まれており、好きな武将を選べばすぐに遊び始められます。


f:id:sinden:20191015230912j:plain


 この手のゲームの利点としては、カードの強みやシナジーがひと目で分かるのが、非常に優れているなと感じました。
 繰り返し遊ぶことによって、カード同士のシナジーが見えてくるのではなく、もうどのカードも明らかに強いんですよね。
 最初に見たカードが、


え、こんなに強くていいの?


 と思ったら、次に見たカードも同じくらい……あるいはそれ以上に強かったりして、驚きです。
 結局、どのカードも個性がはっきりしており、それであるが故に「この個性と、この個性はお互いがお互いを引き立てるな」と、すぐに分かるのです。


 個性がはっきりしているというのは、それだけ弱点が浮き彫りになっている証左でもあります
 このカードを仕込んでいることが見抜かれたら、絶対に、このカードが1枚は刺されているだろうなと分かるので、それを見越して、そのカードに対するカウンターを用意したりして……遊び始める前から構築が楽しいです。


f:id:sinden:20191015230950j:plain


 カードの強さが飛び抜けているので、ゲーム中の展開も派手で、殴り合いの応酬が豪快になりがちです
 覚悟を決めて、方向性を定めた方が突き抜けた強さを手に入れられるかもしれませんが、カウンターを用意されていたら、きっとボロボロです。賭けかもしれませんが、それを承知でデッキを組むのも楽しいでしょうし、リスク回避のために安パイを取るのも楽しいでしょう。
 カードバトルの醍醐味が、きちんと組み込まれた非常に面白いゲームでした


真田幸村が強かった……!

ぺこらさん、真田幸村、好きだよね

幸村幸村のダブル幸村したよ

ぼくは茶々と茶々のダブル茶々したよ

おもちゃのチャチャチャ

茶々がゲシュタルト崩壊する……ゲームはどうだった?

レベルアップできるのが面白かった。ひとつの盤面に、同じ武将が複数人いるっていうのは、ちょっと歴史物のゲームとしては珍しいのでは?

言われてみれば、そうだね

マイナー武将も入れて、全武将をユニークにするゲームが多い気がするけれど、このゲームは、有名所ばかりで、全員知っていて良かった

やっぱり知っている武将を使いたいよね

信長からの信長! みたいなね。信長が死んでも代わりはいるもの……みたいなね

是非もなし