雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

刻一刻と増減する微生物を観測しよう『ゾーゲン』の感想

f:id:sinden:20180731204325j:plain
 オインクゲームズさんのゲームマーケット2018大阪の新作『ゾーゲン』を遊びました。
 系統としては『ドブル』に近しいでしょうか。大人から子どもまで遊べる、リアルタイム系のゲームです。


 ルールは、かんたん。
 場の中央に置かれているカードを見て、いずれかの微生物が、ぴったり1体増えている、ないし減っているタイルを、その微生物の名前を発声しながらプレイするだけです。


f:id:sinden:20180731204356j:plain


 ゲームはリアルタイムで進むので、ぼんやりしていると、どんどん場札が上書きされてしまいます。
 手札を整理して、いちはやくタイルを出しながら、増えたり減ったりする微生物の名前を、正確に発声する必要があります。
 この2種類のアクションを同時にさせるのが案外に難しく、慣れるまでは、なんだかオタオタしてしまいます。


 面白いのは、微生物の名前を、変えることができること。
 最初は「マル」「ツキ」「ヤマ」「シリ」と、それぞれの形状を連想させる名前がついているのですが、ラウンドが終わる度に、いずれか1種類の名前を、自由につけかえることができます。「マル」の微生物に、敢えて「バツ」という名前を与えたり、「シリ」に対して「マヤ」みたいに、他の微生物によく似た名前を与えたりすると、どんどん脳が混乱していきます。
 いかに適切かつ迅速に順応するかが、勝負の決め手でしょうか。


 こういうゲームは、案外、小学生高学年くらいが、いちばん得意かもしれません。
 ライトゲームを得意とするオインクゲームズさんらしい、程よい軽さのボードゲームです


早く出されちゃうと、ふぁ~なくなったー! って慌てちゃうから、次の次くらいを狙うと良いんだよ

次の次? 負けそう……

ルールかんたんで良かったよ。私でもインストできた。ミスボド×n'Sameでインストしたよ

え? そうだったの? あ、ぼくが遅刻した日か