雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

芸術の洪水という表現が相応しい『ルーブル美術館』は1日では見きれない


f:id:sinden:20181201160026j:plain
 前々から一度は訪れたいと思っていたパリのルーブル美術館、ついに訪ねることができました!
 今日は、その様子をご紹介します。

コンコルド広場

f:id:sinden:20181201160124j:plain
 真っ先にルーブル美術館に向かうのも芸がない。
 そう感じて、Concorde(コンコルド)駅で地下鉄を降りました。
 ここからチュイルリー庭園を突っ切って、ルーブル美術館へ向かいます!

チュイルリー庭園

f:id:sinden:20181201160208j:plain
 チュイルリー庭園は、コンクリートで舗装されており、緑ゆたかな庭園というより、わりとだだっぴろいだけの空間でした。


f:id:sinden:20181201160255j:plain


 芸術作品が点在しており、もう早くも文化的な空間が始まっているな! と。


f:id:sinden:20181201160353j:plain



 特に気に入ったのは、こちら。
 ふしぎな面白おかしさがあります。

カルーゼル凱旋門

f:id:sinden:20181201160517j:plain
 この凱旋門を抜けると、いよいよルーブル美術館です!

ルーブル・ピラミッド

f:id:sinden:20181201160641j:plain
 正面に見えるピラミッドが、ルーブル美術館への入り口となります。


f:id:sinden:20181201161227j:plain


 荷物チェックをして内部に入ると、神竜みたいのがいました。

ルーブル美術館

f:id:sinden:20181201161314j:plain
 サモトラケのニケ!
 う、美しい……美しい……。


f:id:sinden:20181201161346j:plain


 ダ・ヴィンチの洗礼者ヨハネ。
 天を指す人差し指のポーズ! かっこいい!


f:id:sinden:20181201161648j:plain


 モナ・リザ。
 ここは、一際、観光客が多くて、まったく近寄れませんでした。人気過ぎます。


f:id:sinden:20181201160026j:plain


 ドラクロワの民衆を導く自由の女神。
 フランスという革命の国を象徴するような一枚。

感想

 撮影自由だったので、他にも山ほど撮りましたが。
 いやはや、文字通り圧巻としか言えない空間でしたね。
 ものすごい天井が高くて、絵画という絵画が、すさまじい密度で飾られているので、正直、情報量が多すぎて、脳のなかで処理しきれなくなります
 あんまりにも過密なので、目を休めるために天井でも眺めるかと視線を上に向けると、そこには天井画が……!


 想像ですけれど、絵に普段から触れている方であれば、ある程度、自分のなかでテンプレートがあるでしょうから、一度に絵をいっぱい見ても受け止められると思うのです。
 けど、普段から絵を見る機会を、みずから作っていない身からすると、もう、ほんとうに芸術情報の洪水です。変な話、歩いているだけで息切れしそうになるくらいです。

終わりに

 時間の都合もあったので、今回の滞在は2時間ほど。
 ほんとうに主要な作品しか見ることができず、もったいないことをしました。
 パリは物価が高い……と言うか、宿泊したり外食したりすると、けっこうお金が掛かるので、あまりテンションが上がらない都市ではあるのですが、芸術文化的には、もうほんとうに幸せとしか言えません。
 いずれ機会を見て、次回は2日ほど掛けてじっくり……じっくり見て回りたいですね。