雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

結婚一周年にアクアパーク品川を訪ねました

f:id:sinden:20181225221626j:plain
 11月29日は結婚記念日なので、仕事終わりに品川駅で待ち合わせ、アクアパーク品川を訪ねました。
 マクセルと契約を交わしており、館内ではデジタルサイネージやプロジェクションマッピングなどの技術が多用されていました。

美術館のような水族館

f:id:sinden:20181225221730j:plain
 上述の通り、マクセルが関わっていることもあり、光と音にこだわった展示が凄かったです。
 触れると解説が現れる水槽に始まり、時間が訪れるとディズニーのBGMが流れるなか、室内のライトの色がどんどん代わり、水槽のなかを泳ぐクラゲが彩られたり、単純に海の生き物を見るというより、海の生き物を楽しむという施設だと感じました。
 同じ品川にある、しながわ水族館とは、かなり違いますね。
 しながわ水族館が古き良き水族館ならば、アクアパーク品川は新しいタイプの水族館ですね。と言うか、従来の水族館の枠には収まらない気がします。感覚的には『アートアクアリウム』に近いですね。


 もちろん、流行り物っぽいところだけでなく、いわゆる水族館的な空間もあります。


f:id:sinden:20181225221910g:plain


 コアな人気を誇るチンアナゴもいたので、じわじわと動く様子を撮ってみました。ご覧ください。

コーラルカフェバー

f:id:sinden:20181225222003j:plain
 ソフトドリンクだけでなく、アルコールを提供するバーも館内にありました
 バーと名乗っているだけであって、照明は暗く、ちょっとくつろぎながら、アルコールと魚を楽しめる空間になっていました。
 この日は、ワンドリンクサービス券で入ったので、ビールでも飲もうかなと思っていたのですが、どのドリンクでもOKと言われたので、思わずいちばん高いスターリースカイ(1200円)を選んでしまいました。
 関係ないですが、Capsuleでいちばん好きなのは「Starry Sky」です。

イルカショー

f:id:sinden:20181225222052j:plain
 せっかくなので、イルカショーも見ることに。
 写真は、ショーが始まるのを待っているところですね。円形の水槽で、360度、楽しめるのがポイントです


f:id:sinden:20181225222124j:plain


 ショーが始まったら、天井から水が落ち始めたと思いきや、プロジェクションマッピングで光の柱みたいな演出がされて、思わず声をあげました。
 この中を、イルカが飛んだり跳ねたりするのですが、けっこうすごいです。さすがマクセル、さすが光と音のアクアパークです


f:id:sinden:20181225222324g:plain


 写真だけでは伝わらないと思うので、動画も少し撮ってみました。
 なかなか感動的ですよね。イルカ、いいですよね。クジラも好きですけれど、イルカも好きです。触れあいたい……。


グッズショップ

f:id:sinden:20181225222430j:plain
 当たり前ですがショップも充実していました。
 写真はアクアパーク品川のオリジナル商品。
 ちょうど前々日に、TBSの『マツコの知らない世界』でお菓子箱が紹介されていたのですが、こういう限定物のお菓子は、プレゼントにきっと最適でしょうね。

デザート

f:id:sinden:20181225222509j:plain
 いきなり話が変わりますけれど、帰宅後はルタオのドゥーブルフロマージュをいただきました。
 以前にもドゥーブルフロマージュは、美味しすぎて無限に食べられると書きました。

 相変わらずハマっていると言うか、もう、ほんとうに美味しすぎて満腹中枢が機能しなくなるくらい食べられるので、この日も記念に食べました。

終わりに

 しながわ水族館は、リアル謎解きゲームのイベントもあって、今までに2回、訪れたことがあって好きな施設ですけれど、アクアパーク品川も良かったですね。
 入場券2200円に対し、年間パスポートが4200円と格安なので、買っても良いかも……と思っています。


カワウソに触りたかったなあ。夜だったから、くてっとしてたけどね。昼間だったら、もう少し動き回っていて、触れるのかなあ

一匹は寝てたよね。もう一匹は、けっこうアクティブに踊っていたよね。後、フィーディングタイムなら、カワウソもだけれど、ペンギンやオットセイにもごはんをあげられる機会があるみたいだね。イルカショーはどうだった?

プールが丸いのが珍しいよね。いろんな方向から見られるから、違う席に座ったら、また違うふうに見られるのかも