雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

雪だるまセットコレクション『雪が解けるまえに』の感想


f:id:sinden:20181228135541j:plain
 切札会社ソウキタカさんのゲームマーケット2018秋の新作『雪が解けるまえに』を遊びました。
 交渉要素のあるカードゲームです。


 アートワークが非常に素敵ですよね。
 3ラウンドを通して、雪だるまを小から中、中から大と並べていって、もっとも良い感じに雪だるまを並べられたプレイヤが勝利します。
 雪だるまカードのユニーク度は高く、見ているだけでもほのぼのとした気分になりますし、子どものころの、せっせと雪だるまを作った記憶が思い返されます。


f:id:sinden:20181228135742j:plain


 テーマは悪くないのですが、実際のプレイ感としては、ちょっと首を捻るところがありました。
 白、赤、青、緑と4種類の色があるのですが、これらの色は少ないほうが最終的な得点が高くなるのです。しかし、2色が混ざっているカードも、けっこう山には眠っていて、カードを配られた結果、2色カードばかりだと、最初から苦難を強いられることになります。


 また、手札の偏りをなんとかするために、交換……と言うか、交渉の要素が含まれるのですが、これがあまり成立せず、お互いにとってWin-Winとなる交換が、あまり発生しないのです……。
 もちろん、自分に利益がなくとも、たとえば2枚と1枚の交換ならば、そこで貰っておいた2枚が、後の交渉に活きてくる可能性もありますが、まったく活きない可能性も、もちろんあります。


f:id:sinden:20181228135808j:plain


 結論としては、可愛らしい見た目に反して、遊んでいて苦しい、辛い系統のゲームかなという印象でした。
 たとえば、色の種類が少ないほうが高得点、なのではなくて多いほうが高得点、だったならば、もっと気軽にカードがプレイできますし、交換も積極的になれたかなと感じます。


 冒頭にも書いた通り、アートワークは素敵なので、そこにグッと来るひとであれば、懐かしい気持ちで遊べる良いゲームです。