雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2人用分配読み合い『セパレクト』の感想

f:id:sinden:20190407130614j:plain
 Element Creatorsさんのゲームマーケット2018秋の新作『セパレクト~Separate&Select~』を遊びました。
 2人用のカードゲームです。


 タイトルの『セパレクト』は、セパレート(分配)とセレクト(選択)を組み合わせた造語でしょう。
 2人のプレイヤが、セパレーターとセレクターという役割と交換しあいながらお宝カードを獲得していって、より勝利点を稼いだプレイヤが勝利します。


f:id:sinden:20190407130807j:plain


 2人で遊ぶ、ブラフ要素のある『もっとホイップを』と考えれば、分かりやすいかもしれません。
 セパレーターが、山札から5枚のお宝カードをドローし、すべてを確認したうえで、1枚と4枚、もしくは2枚と3枚に分配します。その後、セレクターは、どちらか片方を選んで獲得、セパレーターは選ばれなかった方のカードを獲得します。


f:id:sinden:20190407131133j:plain


 お宝カードには、裏面が青のカードと赤のカードがあり、青は勝利点が1点から3点となっており、確実に1点は入手できるローリスク・ローリターンなお宝。
 裏面が赤のカードは15枚の内10枚が0点だけれど、残りの5枚が3点から7点となっており、首尾よく5点や7点を獲得できれば、非常に強いハイリスク・ハイリターンなお宝です。
 裏面が見えているなか、どう分配するかがセパレーターの腕の見せどころとなります。


f:id:sinden:20190407131751j:plain


 実際に遊んでみた感触としては、セパレーターの方が圧倒的に強いですね。
 セレクターからすると、1枚や2枚の方はリスキー過ぎてなかなか取れず、結局、セパレーターのときに5点や7点など、高得点な赤カードを引けるかどうかに掛かっているような気がします。
 プレイ時間は10分ほどですので、2人で気楽に遊べるゲームを探している方にオススメです


4枚と1枚に分けられたときは、どっちを取るか悩むよね

分かる。1枚の方に、きっと高い宝石があるんだろうけれども、もし、ブラフで0点だったときは、しょんぼりするよね

ショックで生きていけなくなる

そこまで!?