雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ブクマするときの気分はもっと評価されるべき

 気がついたら雲上ブックマークをお気に入りに登録しているユーザが9人になっていました。はてなブックマークはお気に入りが面白いという記事を読んだり、ブクマコメントにもはてなスターがつけられるようになってからは、ことさら見られていることを意識*1してコメントを書いているので、秋山のブクマコメントをチェックしているひとには、そこそこ満足いただけているかと思われますいただけるように努力しています。
 そんなわけで、今日は「どういうときにブクマするか」について……なんですが、結論はタイトルに書いてしまいました。基本的にはニコニコ動画におけるマイリストに登録するときの気持ちと同じです
 もう少し説明すると、ニコニコ動画という会員制の動画配信サイトがあるのですが*2、そこでは気に入った動画や面白い動画をマイリストというソーシャルなお気に入りに加えることができます。マイリストは公開設定にも非公開設定にもできるのですが、ここで問題なのは、マイリストに登録された数によってランキングが作られるということです。
 当然、ランキング上位に入るほど閲覧される可能性は上がり、より多くの目に触れられることになります。で、一部のネタ*3は放っておいても勝手にランキングが上がるのですが、そうでない動画はなかなか上位に入ることができません。そういう動画を発見したとき、かつ「この動画は素晴らしい! もっと広めたい!」と思ったとき、もっと評価されるべきと呟きながらマイリストに登録するためのボタンを押すのです、ぽちり、と。
 ブクマするときも気持ちは同じで「これは気合の入った良エントリだ。もっと評価されるべき」と思いながらブクマすることが多いです。特に2ブクマ状態のエントリをブクマしたときは気分がいいですね。3人にブクマされることで、そのエントリは注目のエントリーに加えられるので、閲覧される可能性はぐっと上がります。そこから先、そのエントリがさらにブクマされたり、ニュースサイトで紹介されるかは分かりませんが、そのチャンスを手に入れることができる注目のエントリーには送りだすことができたのですから。
 逆に残念なのは、自分が1人目か2人目にブクマしたひとで、3人目がつかなかった場合「注目のエントリーに入りさえすれば、人気の記事になれていたかもしれないのに……」と、少しだけ悲しくなります。
 まあ、そんな感じで、これからも良エントリをブクマしていきたいと思います。

*1:おまえはDIOか。

*2:そこから始めるのか!

*3:最近では初音ミクフタエノキワミ