雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ゲームマーケット2012秋と第15回文学フリマに行ってきましたよ

 行ってきました。
 文学フリマのために上京し、秋山宅に泊まりに来ていたsleepdogさんを朝7時半に叩き起こし、8時に家を出て、駅前でお別れし、9時には、ゲームマーケットの4階待機列にて並んでいたように記憶しています。
 待機列では、少し見回したら、ミスボドに来てくださっている方々が散見されて、なんだか嬉しい気分になりました。10時5分くらいに入場して、速攻で向かったにも関わらず『王さまのマカロン』も『互いを男の娘メイドに調教し合うゲーム』も完売していて、予約の必要性とサークル入場の有利性を再認識した次第。会場は11時に離脱しましたが、1時間の間に買ったり貰ったりしたものを晒してみます。写真の連続なので、ここから先は続きを読むに格納しておきますね。


 と言うわけで、買ったり貰ったりしたもの。


 ゲームマーケットを離脱した後は、スパ帝と握手しにきたらしい高校の同級生が「ラーメン食おうぜ!」と電話してきたので、煮干しラーメンが名物らしいつし馬で中華そばを食してから別れを告げて、一路、文学フリマへ!
 文学フリマに降臨したのは12時半くらいで、その後、だいたい1時間半ほど掛けて、同人誌を買ったり貰ったりしました。と言うわけで、以下、ご覧ください。



 14時からは、売り子を手伝ったり、知り合いと世間話をしたりして、のんびり楽しんでいたら閉会の時間となりました。
 雲上回廊では第3回くらいから、合同打ち上げと称して複数サークルで飲みに行っていますが、今回も「終わったら軽く飲みに行きませんか?」と声を掛けていたら、13サークル26名が集まり、ちょっとした大所帯になりました。でも、まあ、これくらいの人数は慣れているので「じゃあ、行きますよ〜」という感じで移動して、18時には、もうお店に到着し乾杯していました。
 二次会は20時に締めました。会費は、ひとり2400円、天狗、安い。
 12名が残ったので、三次会として坐和民に行きました。22時に解散としましたが、会費は1400円、安い。


……安い、安いと書きましたが、居間のテーブルで黙々と撮影した写真を見返してみて、思わず気が遠くなりました。まあ、買い物って楽しいですよね。同人誌は年末までに、がしがし読んで、ボードゲームも、どんどん遊ぼうと思います。