雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

世界探索型情報戦ボードゲーム『Old World And Code Of Nines 終わった世界と紺碧の追憶』開けてみた

 ゲームマーケットで、いっぱいゲームを買ってしまいました!
 と言うわけで、長らく中断していた「開けてみた」シリーズを再開します。まず、新作第一弾として『惨劇RoopeR』で同人ボードゲーム業界に旋風を巻き起こしたBakaFireさんによる完全新作『Old World And Code Of Nines 終わった世界と紺碧の追憶』略して『OWACON』です……!

開けてみる


 と言うわけで、早速、見てみましょう。
 箱です。
 サイズは『惨劇RoopeR』と同じサイズ、中々しっかりとした作りです。



 こちらは裏面。
 サブタイトルに「紺碧」という色が入っているだけあって、全体的に青系の落ち着いた、しかしどことなく寂れた雰囲気の色調です。言うなれば廃墟と青空、的な。



 シュリンクにカッターの刃を差し込みます。
 この僅かな隙間に、すっと刃を入れるのがポイントです。



 向かって上側と左側の隙間を切ったら、人差し指と親指でつまんで、ぺりぺりぺり……とめくりあげていきます。
 こうすれば、箱を傷つけることなく、スピーディかつスマートにシュリンクを剥がせます。



 開けてみました。
 ゲームボードの上に、白黒印刷のブックレット仕様のルールブック、そしてカードが見えます。



 まずは色をついているものを展開してみました。
 二つ折りにされていたゲームボードは、しっかりとした作りで、全5ラウンドのワーカープレイスメントであることが分かります。
 カードの種類は多く、多少、重複しているものはありますが、ほとんどがユニークなデザインです。
 そして左下に見えるのは、ゲームに使用するチップ。



 拡大してみました。
 分厚い紙に、しっかりと印刷されています。



 続いて、色のついていないものを展開してみました。
 個々人が使うプレイヤーボード、得点計算表、サマリーシート、そしてルールブックです。若干、ぺらいのが気になりますが、これだけ入っていて3000円ということを考えると、コストパフォーマンスは抜群です。

おわりに

 実はこのゲーム、3回ほどテストプレイをさせて頂いております。
 エクセルで作られたと思しき、無機質な状態の時ですら雰囲気抜群だったのが、こうして、ちゃんとしたコンポーネントを擁し、イラストも加えられると、格段に面白そうに見えます。得点計算表やサマリーシートは確かにプレイする上で「あると便利」な物ですし、実にユーザフレンドリィ。
 カードは近いうちにスリーブに入れて遊ぶ用意を整えたいですね。