雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

人類滅亡を阻止せよ『最終兵器工場からの脱出』の感想


f:id:sinden:20181222183305j:plain
 4年前に大阪で2ヶ月だけ開催された、伝説のリアル脱出ゲーム『最終兵器工場からの脱出』の再演が決まりました。SCRAPの大型施設であるヒミツキチを中心に、12月20日から6月上旬までとなり、早速、遊んできました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

開催概要と参加方法

f:id:sinden:20181222183249j:plain
 ゲームは6人1チームで遊ぶ、いわゆるホール型です。ご友人に声を掛けて6人で参加すれば、少しだけ安いグループチケットで入れますが、1~3人で参加しても、スタッフの方がプレイヤの力量を加味して、マッチングしてくださるので安心です。
 制限時間は1時間。ゲームスタートの合図から、60分以内に様々な謎や暗号を解き明かし、人類を救うことを目的とします。
 尚、テーブルにはヒントカードが置かれているので、謎解きに慣れていない方も楽しめる安心設計です。


 写真は、東京にある原宿ヒミツキチの入り口です。
 開演の30分前になると受付が始まります。

オリジナルグッズ

f:id:sinden:20181222183321j:plain
 受付の隣には、グッズ販売のコーナーがありました。
 定番の脱出成功・失敗ステッカーの他、公演パンフレットや謎付きクリアファイルなど、けっこう充実していました。


f:id:sinden:20181222183431j:plain


 購入した、公演パンフレット。
 公演の裏設定や、インタビュー、おまけ謎、公演参加者が楽しめる内容になっています。公演中は忙しくて、落ち着いて冷静にストーリーを追えられないときもあるので、こういうのは良いですよね。


f:id:sinden:20181222183452j:plain


 もうひとつ、謎付きクリアファイルも購入しました。
 SCRAPの持ち帰り謎は、プレイ時間が5分~10分と短いときもあって、最近は敬遠気味だったのですが、今回は初級と中級の2種類を同時に買うと、最後の謎(上級)がおまけされるということで、乗せられて買ってしまいました。

公演の感想

f:id:sinden:20181222183355j:plain
 前段が長くなりましたが、いよいよ公演の感想について。
 変な表現かもしれませんが、よだかのレコードさん的な要素があるなと感じました。
 公式サイトから少し引用させてください。

脱出成功には、いくつものキーアイテムが必要だ! それらの設計図を導き出し、完成させて、"実際の"アイテムを手に入れよう!! 君は数多のアイテムを使いこなせるか!?

http://realdgame.jp/saisyuheiki/#play

 ゲーム開始時点、プレイヤの手元には、そんなにアイテムはないのですが、謎解きを進める過程で、どんどんアイテムが増えていくのです。これらのアイテムを活用して、謎を解いていくのは、けっこうモノ感があって楽しかったですね。
 ルーム型(アジト型)と異なり、ホール型(ヒミツキチ型)は、実際に閉じ込められるわけではなく、想像で補うところが大きいので、モノ感があると物語世界に没入できて楽しいですね


 モノ感はさておき、全体的な構成としては、オーソドックスな展開で、多くのひとが楽しめるデザインだと感じました
 個人的にはエンディングが、グッと来る内容で……大阪だけで開催されたことがある公演と言えば、少し前に東京ミステリーサーカスで再演された『惑星オリオンからの脱出』もそうですが、大阪限定公演は、ストーリーのクォリティが高めなのかもしれませんね。

謎の難易度

f:id:sinden:20181222183414j:plain
 秋山が参加した回は、17チームが参加し、そのうちの12チームが脱出成功だったので、脱出率的には70%でした。
 この脱出率だけを聞くと、難易度的には『終わらない学級会からの脱出』くらいかな? と思われるかもしれませんが、いえいえ、ぜんぜんそんなことはなく、それなりの難易度でした。タイミングでの公演が始まってすぐだったので、きっと歴戦の猛者が大挙して押し寄せた、ということでしょう。最終的には20%くらいに落ち着くのではないでしょうか。

一緒に遊んだぺこらさんのコメント

1時間の制限時間が過ぎ去ったときは、どうなることやらと思ったけれど、エンディングを見たら何から何まで分かって、良かったよ。合点承知のぺこ

……え? なにそれ、合点承知の助って言いたかったの?

脱出率は高かったけれど、小謎の量は多かったし、必ずしも初心者向けではないよね。でも、充実した内容だったし、ロボットが好きな人から、そうでないひとまでオススメできるよね

雰囲気だけかもしれないけれど『宇宙怪獣からの脱出』にも近しいところがある気がする。向こうも、テーマ的には特撮だけれど、別に、特撮が好きでなくとも楽しめるしね

終わりに

f:id:sinden:20181222183338j:plain
 エンディングが良かったこともあって、個人的には、かなり良かったです。
 別に、めちゃくちゃ難しい謎を解きたいわけではないので、1時間めいっぱい楽しんで、ちゃんと脱出できるのが、やっぱり楽しいですね。
 開催地によって、開催期間は異なるので、ご自身のお住まいに近いところをチェックしてから、挑戦の計画を立てましょう。

合わせて読みたい

 SCRAPが手がけた謎解きイベントやグッズの感想を、こちらのカテゴリでまとめています。よろしければ、どうぞ。