雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

名探偵コナンとコラボした謎解きイベント感想まとめ


f:id:sinden:20190717154811j:plain
 青山剛昌による原作漫画は96刊を数え、1996年から始まったアニメ版はレギュラーアニメとして続いており、今や国民的な人気を誇る『名探偵コナン』
 ミステリというジャンルから、リアル謎解きゲームとも相性がよく、様々な謎制作団体がコラボイベントを開催されています。この記事では、今までに秋山が参加した謎解きイベントの感想についてまとめています。

SCRAPによる毎年恒例全国ツアー公演

 名探偵コナンとコラボした謎解きと言えば、やっぱり最初に思い浮かぶのは、リアル脱出ゲームのSCRAPが手がけている全国ツアー公演。2013年に『摩天楼からの脱出』を全国33都市で開催して以来、毎年、日本全国で開催しているので遊ばれた方も多いと思います。
 形式としては、制限時間60分で、6名1チームで挑むホール型であること。また、その年に封切りになる劇場版を意識し、怪盗キッドや服部平次、安室透がゲスト参戦し、コナンと共演を果たします。
 コナン脱出は、毎年夏に新作公演が開催され、そのタイミングで過去の公演が再演されます。どの公演も、それぞれ特徴があってオススメです。
名探偵コナンコラボ第1弾『摩天楼からの脱出』の感想 - 雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜
コナンコラボ第2弾『オリエント急行からの脱出』の感想 - 雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜
リアル脱出ゲーム×名探偵コナンFILE.3『奇術城からの脱出』は久々の完敗でした - 雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜
リアル脱出ゲーム×名探偵コナンFILE.4『黒き暗殺者からの脱出』は失敗したけど傑作だった - 雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜
真実は仕掛け絵本の中『ロンドン警視庁からの脱出』成功率8%を越え成功しました - 雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜
リアル脱出ゲーム×名探偵コナン『公安最終試験からの脱出』の感想 - 雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜
 今年は劇場版『紺青の拳』を意識しており、同作のアフターストーリーとして楽しむことができる『紺青の美術館(クルージングミュージアム)からの脱出』。ゲスト参戦しているのは怪盗キッドと京極真。
 今までのイベントは、基本的にはコナンとともに事件を解決するものでしたが、今回は怪盗キッドのパートナーになり、コナンと対決するという図式が面白かったですね。敵にまわるとめちゃくちゃ厄介な小学生ですね、コナン……。

SCRAPによる常設型イベント

 上述のリアル脱出ゲームと異なり、下北沢アジトでは年間を通して遊ぶことができるものもあります。
 それが『チョコレート殺人事件』。6名1チームで挑むルーム型の「現場検証編」と「脱出編」そして、持ち帰って自宅でも遊べる「聞き込み編」があります。

あそびファクトリーによる謎ファイル

 SCRAP以外の謎制作団体も、コナンとのコラボには積極的で、こちらは、あそびファクトリーが『紺青の拳』公開を記念して手がけた謎付きのクリアファイル3部作です。
 制限時間やチーム戦という概念は存在せず、購入すれば自宅でもどこでも楽しめる形式です。映画館の物販コーナーやコナンプラザ等で購入できるので、比較的、入手の機会は多そうです。

サイゲームスによるグラブルイベント

 ちょっと趣きは異なりますが、サイゲームスが『グランブルーファンタジー』のコナンコラボとして期間限定イベント「謀略の歯車」を開催しました。
『グランブルーファンタジー』に登場する名探偵バロワが活躍するイベントで、イベント内にはいくつか謎を解かないと突破できないシナリオがありました。

終わりに

 他にも多くの団体がコナンとコラボした謎解きを開催していますので、それらも遊んで感想を書いたら、こちらのまとめに順次、追加していく予定です。

合わせて読みたい

 コナン関係のまとめという観点では、劇場版『名探偵コナン』を、すべて観ており、そのすべての感想を書いています。
 コナンファンの方は、よろしければこちらもどうぞ。