雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

楽しく仲良くバスケしよう『青空の3on3』の感想

f:id:sinden:20190117225200j:plain
 第774工房さんのゲームマーケット2018秋の新作『青空の3on3』を遊びました。
 2人専用のカードゲームです。


f:id:sinden:20190117225244j:plain


 テーマは、バスケットの3on3。いわゆる3人対3人のチーム戦です。
 片方のプレイヤが攻撃側となり、もう片方のプレイヤが守備側となります。
 布陣を追えたら、いよいよゲームスタート。お互いに「いっせーのーせ」でカードを出し合ってゲームを進めます。
 攻撃側のプレイヤは、シュートやパス、ドリブルなどを駆使して、攻撃のタイミングを見定めます。一方、守備側のプレイヤは、攻撃側のプレイヤが出すであろうカードを予測して、対応するカードを出すことを目指します。
 たとえば、相手がパスのカードを出すなと思ったならば、そのパスをカットするカードを出す、という感じです。


f:id:sinden:20190117225328j:plain


 お互い5ラウンドずつ攻撃側を担当し、計10ラウンドが経過したところでゲーム終了。
 その時点で得点が多いプレイヤが勝利します。
 各カードの裏面には、それぞれのキャラクタが有している特殊能力があり、それらの特殊能力をうまいこと駆使すると、より効率的にゲームを進められたりします。


 読み合い系のゲームがお好きな方は、楽しめると思います


箱が、そのままバスケのゴールになるのが面白い考えだなあと思ったよ。物理的に立てるから、最初は、てっきりアクションゲームだと思った

そう言えば、そうだった! なんだっけ、カタパルトみたいのを使って、トークンでもゴールに当てるのかなと思ったよ。でも、実際は、まったく使わなかったね

飾りだったね。得点ボードは、なんで15点なんだろうか。パスをすればするほど、得点が増えることを考えると、3ラウンドくらいで15点を突破することもありうるよね

ほんとうのバスケだと、近いと2点、遠いと3点とかだっけ?

んー、わからない。ちょっとデザイン的にはレトロ感あるよね

そうね。カードのイラストもゼッケンだけで、ちょっと味わい深いよね

スポーツをテーマにしているのもレトロだよね。あっ、そう言えば、バスケがテーマのボードゲームって、ちょっと珍しくない?

確かに、パッとは思いつかないね。ほんとうに小さなボールを、ゴールに放り込む玩具みたいのは、いっぱいありそうだけどね