雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

すごくすごい『すごくすごいヨガ』の感想


f:id:sinden:20190207125506j:plain
 ましうgamesさんのゲームマーケット2018秋の新作『すごくすごいヨガ』を遊びました。
 3人から4人で遊べるリアルタイムゲームです。


 いわゆる『ギャラクシートラッカー』や『モンド』のように、場の中央に置かれたカードをリアルタイムで獲得し、自分の場に配置したりしなかったりを繰り返す、理想のヨガを作りだすゲームです


f:id:sinden:20190207125558j:plain


 ゲーム開始は写真のように、
 自分のボードには、生まれたての赤ん坊のように、ヨガじいさんが両手両足を投げ出しています。
 ここから先はリアルタイムにカードを拾ってきて、両手足につながるようにカードを配置していくわけですね
 ラウンドごとにループをいくつ以上作るだとか、四角にある動物のアイコンまで手足を伸ばすだとかお題があるので、そのお題をクリアできるポーズを作り出せると高得点です。


f:id:sinden:20190207125726j:plain


 最初のうちは勝手が掴めず、3枚くらいを配置した時点で、他のプレイヤが「できた!」と叫び、中央の宝石カードを持っていくのを「うえぇ~、もう出来たんですか~??」と見守るばかりですが、慣れてくると「これはいる! これは要らない! 返す!」みたいに素早く判断できるようになっていったのが面白かったですね。


f:id:sinden:20190207125809j:plain


 けっこう楽しくプレイしましたけれど、惜しいのはボードの広さですかね。
 案外、ボードが狭いので、無計画にカードを置いていくと、すぐに置き場がなくなってしまうのですよね。もう少しボードが大きいか、カードサイズが小さければ、いっぱい置けて楽しくなりそうです。


なかなか、手はくるくるできない

あのループを作るっていうお題でしょ? あれは、難しい

ヨガのポーズの名称が面白かったよ。深淵を覗いたりね

ロマサガの連携技みたいなネーミングになるの面白い