雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ペンギンがかわいい『ラビングペンギン』の感想

f:id:sinden:20190418203256j:plain
 Colorful Spieleさんのゲームマーケット2018秋の新作『Loving Penguin(ラビングペンギン)』を遊びました。
 2人から6人で遊べるカードゲームです。


 いわゆる『ハゲタカのえじき』に近しいゲームです。
 ラウンドごとに、プレゼントカードが1枚オープンされ、そのカードの獲得権を、全プレイヤで競います。手札から1枚を選び、いっせーのーせで表向きにして、いちばん大きい数字を出したプレイヤが、そのラウンドのプレゼントカードを獲得します。
 もし、他プレイヤと同じ数字を出してしまうと、バッティングとなり無効となります。


f:id:sinden:20190418203408j:plain


 ほぼ『ハゲタカのえじき』ではあるのですが、いくつかオリジナリティのある差異もあります。
 最も、大きい違いは、個人の目的カードでしょうか。たとえば、1枚もプレゼントを獲得しないですとか、特定のプレゼントを入手するですとか、ゲーム開始前に配られた目的カードに書かれた条件を満たすと、ボーナス点を得ることができます。
 各プレイヤ、単に1枚でも多くのプレゼントカードを狙うのではなく、それぞれの目的達成を目指すことで、ゲームにバリエーションが生まれます。


f:id:sinden:20190418203429j:plain


 ペンギンのイラストは、たいへん可愛らしいですし、プレゼントを貰うというフレーバーもあたたかいものですので、『ハゲタカのえじき』を持っていない方は、こちらを代わりに持っていても良いかもしれません


ほぼ『ハゲタカのえじき』って言われて、よく分からなかったけれど、勝ったよ

手札は強かったんだけどなー……

ペンギン可愛かったし、プレゼント貰うなんてそうそうないし。そもそも、ペンギン好きなんだよね! イラストも優しかったし、絵本を描いてほしい『ペンギンのプレゼント』みたいなタイトルで

イラスト可愛かったよね

さくっと遊べて良いカードゲームなのでは?