雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ドラマチック謎解きグッズ『シリアルキラーマンション』の感想

f:id:sinden:20190418093900j:plain
 よだかのレコードさんによるオリジナルの持ち帰り謎『シリアルキラーマンション』を遊びました。
 ネタバレに配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。


『ドルアーガの謎』開催時に、謎マルシェで購入しました。
 先日、発売された『あらくれもの』に続く、よだかのレコードさんによるオリジナルの持ち帰り謎です。けっこう、ちゃんとした箱に入っており、豪華な質感です。
 もう一度、言いますけれど、ほんとうにしっかりとした箱です。
 ボードゲームをよく遊ぶので、コンポーネントとしての箱に触れる機会が多いのですが、質感もよく、デザインもお洒落です。自宅が狭いこともあり、一度、遊んだものは手放すことが多いのですが、この箱は所有欲を刺激するレベルなので、謎解きで貰ったポストカードを保管したり、ペグシルを貯めるのに武器庫として使おうと思っています(秋山家では、ペグシルのことを銅の剣と呼んでいます)。


 さて、謎解きとしての感想ですが、なんと言っても立体感! これですね。
 箱をよく使っていると言うか、よだかのレコードさんの魅力であるモノ感が、自宅で体験できて幸せでした。
 プレイ時間はノーヒントで1時間20分ほど。
 今までの公演で言うと、特に好きな『注文の多い料理店からの脱出2』と近しいところがあって、後半はテンションが上がりました。


 充実度の高い持ち帰り謎なので、持ち帰り謎って気になるけれど、平面的になりがちなクリアファイル系はちょっと……という方にこそオススメしたいです


最近、よだかのレコードさん、あらくれてるのでは。『ヤミ金ウシジマくん』とのコラボもやるし

よだかのレコードさんがあらくれているというよりか、プレイヤにあらくれることを強いているよね

強いているよ! おらぁ、あらくれろよぉ! って感じだよ

まあ、今回は相手がシリアルキラーだったから、こちらもね、あらくれていかないとね、立ち向かえないよ

確かに。分かる