雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

競りとセットコレクション『セリデビル』の感想

f:id:sinden:20190512160224j:plain
 アイランドノースさんのゲームマーケット2019大阪の新作『セリデビル』を遊びました。
 3人から4人で遊べる競り系のカードゲームです。


 比較的シンプルな競りゲームでした。
 毎ターン、山札をめくって、登場したアクマカードに対して、最も多くのマナチップを宣言したプレイヤが競り落とすことに成功します。
 獲得したアクマは、同値の魔導書に収納する必要があり、同色の魔導書であればボーナス点が得られます。


f:id:sinden:20190512160427j:plain


 競りに勝てればアクマカードが得られますが、空いている魔導書が減りますし、マナチップを消費してしまいます。
 競りに負けたら、魔導書を増やしたり、マナチップを増やしたり、使用済みのマナチップを再び使用可能にできるようになります。
 勝負に賭けるタイミングと、今は耐え忍ぶとき……とがまんすべきタイミングが、けっこう明確で競り系のゲームに慣れていないプレイヤでも楽しめるように感じました


f:id:sinden:20190512160505j:plain


 拡張ルールも同梱されており、拡張アクマカードを入れることで、より多様な展開を迎えることもできます。
 小箱カードゲームとして、まとまっており、良いバランスのゲームでした。


色は揃えるに限るね

同色ボーナスが、けっこう強いからね。後、同じ色がいればいるほど、ボーナス点になるしね

私、赤はほとんど揃えたよ

狙いをしぼった方が、得点は上がるよね