雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

お題に従って顔を作れ『がんめんマン』の感想


f:id:sinden:20190616223218j:plain
 オインクゲームズさんのゲームマーケット2019大阪の新作『がんめんマン』を遊びました。
 3人から6人で遊べるパーティゲームです。


 これは、かなり良くできたゲームではないでしょうか
 非常に感心しました。


 プレイ感としては『ディクシット』や『私の世界の見方』などと近しいです。
 まず、親プレイヤが、お題カードに合わせて顔を作ります。次に子プレイヤは、その顔に合いそうなカードを親に渡し、親はすべてのカードをシャッフルした上で場に並べます。最後に、親が用いたお題カードと思しきものに投票し、それに合わせて得点という流れ。


f:id:sinden:20190616223322j:plain


 実際に遊んでみると、かなり精妙と言うか、意外に分かるんですよね。
『人は見た目が9割』という本が、少し前にベストセラーになりましたが、これは、人間が視覚情報に頼っているという心理学に基づいています。
 そのことを、まざまざと思い出しました。
 プレイの最中、顔を見て「これなら行けそう」と思いつつカードをプレイしていくのですが、いざ、答え合わせをすると、ふしぎと親のお題カードが透けて見えるんですよね。
 なんでしょう。眉毛のちょっとした角度だとか、口の形だとか、そういうものから驚くほど情報が得られるのです


f:id:sinden:20190616223445j:plain


 この「分かる!」という感覚は、けっこう感動的なので、ゲームとは関係なく、是非、一度、触れてみて体験していただきたいです。
 多分ですけれど、想像以上に楽しく、新鮮なプレイ感になることでしょう。


だいぶ当てられたよね。殿は、ぺこらが作ったんだよ。ちょんまげっぽく作ったんだよ

すぐに分かった。良かったと思った

枠から飛び出てもいいっていうのが面白いと思う

ちょっと漫画的表現になるよね。目玉が顔から飛び出す的なね