雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

劇場版3部作『機動戦士ガンダム』の感想(ネタバレあり)


 7月18日より東京ミステリーサーカスで、ガンダムとコラボした謎解きイベントが始まるので予習も兼ねて劇場版3部作『機動戦士ガンダム』を観ました。
 ついにガンダム入門です!

この業界にいてガンダムは避けては通れない

 この業界って何やねん! って感じではありますが、なんとなく通じますよね?
 今までガンダムは、ずっと避けてきた作品です。『SEED』がテレビで放映されていた頃から、うっすらと興味は覚えつづけていたのですが、どうせ触れるならきちんと系統だてて学びたい、ちゃんと入るならガンダムファーストから、しかしテレビシリーズ全43話を観る時間の確保は至難、そもそも古くさい絵柄に自分が耐えられるのか? いや、耐えられない。
 という、自分への言い訳を、ずっと繰り返してしまいました。
 しかし!
 冒頭にも書きましたが、謎解きイベントとのコラボが発表され、ついに入門するときが来たのだと確信しました。

膨大なシリーズ、どこから入る?

 ガンダム世界に入門させていただこうと決めて、最初に行ったのは「ガンダム 今から」で検索することです。
 入門と言っても、適切な入門の仕方があるはずです。特にガンダムは国内において非常にファンが多いという認識で、歴戦の猛者たちが初心者へのオススメについて検討しないわけがありません。
 いくつかのブログや記事を参考にさせていただいて、辿り着いた結論は『機動戦士ガンダム』のテレビシリーズを、再編集した映画版、通称劇場版3部作です
 上映時間は、それぞれ137分、134分、141分で計412分(=6時間52分)。実質7時間ほどでガンダムファーストを学べる、これはお得です。早速、挑戦しました!

劇場版3部作を観終えて

 結論としては、別段悪くはないけれど、ドハマりするほどではないな……というもの、でした。
 と言うか、純粋に物語を楽しむというより、観ている間ずっと色々と余計なことを考えてしまったのです。『銀河英雄伝説』とか『ゼノギアス』とか『コードギアス』とか……、正しいかどうかは分かりませんが、『ガンダム』に影響を受けたか、『ガンダム』を意識しているであろう作品群に、先に触れてしまったからこそ、後から『ガンダム』を見て、勝手に比較してしまったわけです。

入門を終えて

 これだけで終えるのは、もったいないなという印象です。
 もう少しこの世界観に触れたいので、次は、劇場版3部作『機動戦士Zガンダム』を観る予定です。ここで脱落しなければ次は『逆襲のシャア』、ここでも脱落しなければその次は『オリジン』、ここでも脱落しなければ『機動戦士ガンダムUC』と駒を進める予定です。
『機動戦士ガンダムUC』まで観る頃には、もう全部、触れないと気がすまなくてなっている気がするので、そこから先は手当たり次第……でしょうか?

終わりに

 と言うわけで、ガンダムファンの諸兄におかれましては、またひとりガンダムに惹かれたものが生まれたことを喜んでいただければ幸いです。