雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

イカサマカードでチキンレース『ニワトリかラマかポーカー』の感想


f:id:sinden:20190617114747j:plain
 BrainBrainGamesさんのゲームマーケット2019大阪の新作『ニワトリかラマかポーカー』を遊びました。
 3人から5人で遊べるブラフ要素のあるチキンレースゲームです。


 前作『ニワトリかラマか』は、とにかく革新的なゲームでした。
 お札というコンポーネントに折り目などをつけ、相方にメッセージを送るという今までにないゲームでしたが、この『ニワトリかラマかポーカー』は、同じコンポーネントが2セットあれば遊ぶことができる、まったく異なるゲームです。


f:id:sinden:20190617115502j:plain


 タイトルにはポーカーと記載がありますが、ポーカー感はあまりありません。
 むしろ、ラマの枚数で多い方が勝ち、ニワトリが1枚でも含まれていればバーストという観点で考えれば、チキンレースと表現した方が正鵠を射ていることでしょう。
 また、折り目をつけることで、自分だけがカードの表側かニワトリなのかラマなのか知っている、もしくは知っている素振りをするという観点において、ブラフの要素も入っていると感じました
 あるいは、このブラフの要素をして「ポーカー」というタイトルに至ったのかもしれません。


 上手いこと、自分が知っているカード、つまり自分がつけた折り目を確認できれば有利にゲームを進められますが、あまりそれにこだわりすぎて、危ない橋を渡ることを避けつづけていると、他プレイヤに差し込まれることもあります
 さも、お札の中身を知っているかのようにポーカーフェイスで遊ぶのが楽しいゲームです。
『ニワトリかラマかポーカー』があれば、『ニワトリかラマか』も遊べるので、ちょっとお得というのもポイントです。