雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

パーティゲーム『マキスタック』の感想

f:id:sinden:20200423171942j:plain
 エッセンシュピール2018の新作『マキスタック』を今さらながらに遊びました。
 2人から6人まで遊べるパーティゲームですが、4人がベストではないでしょうか。


f:id:sinden:20200423172031j:plain


 情報が出たときは、日本モチーフ、しかも寿司を扱うゲーム! ということで期待しましたが、蓋を開けてみたら、お寿司を模したコンポーネントを積み重ねる、いわゆるバランスゲームで脱力しました
 ゲームとしては、目隠しモードとお箸モードの2種類が用意されていますが、あまり深いことは考えず、盛り上がればなんだっていい! の精神で、自由にルールを考えて遊んでも良いかもしれません。


f:id:sinden:20200423172131j:plain


 目隠しモードは、その名の通り、目隠しを装着し、手探りで遊ぶモードです。
 お醤油やお椀、巻物はそれぞれ特徴的な形状をしているので、ちょっと触れば、だいたい何だか分かります。それほど難しくありません。
 面白いのはお箸モードでしょう
 2人で協力するのですが、1人ずつ提供できるのは人差し指1本なのです。
 つまり、それぞれのプレイヤーが、お箸の片方を担当するわけで、言ってみれば二人三脚みたいな感じですね
 これが、当たり前なんですけれど思い通りにいかなくて、ちからの入れどころが分からず、ぽろぽろ取り落しますし、盛り上がります。

一緒に遊んだぺこらさんの感想

最初、寿司スタックと間違えたけれど、全部、巻物だったね

お椀とかお醤油もあるし、全部、巻物というわけではないと思うよ……正直、タイトル的には、スシスタックでも良かった

これは、あっきー、どこまで知ってて買ったの?

バランスゲームであることは知ってたよ。ただ、箱が、このサイズだから、もっとコンポーネントは多いと思っていたけどね

まあ、確かに。子どもでも遊べるサイズだよね

むしろ子ども用と言っても差し支えがないような気がする……

終わりに

 シンプルなパーティゲームなので、仲の良いメンバーで気楽に遊ぶのに最適なチョイスでしょう。
 間違った日本観というのも、個人的には好きです。