雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ロシアの謎解き『療養所からの脱出(Escape from the Asylum)(Demo Version)』の感想

f:id:sinden:20200410184929j:plain
 エッセンシュピール2019で入手した『療養所からの脱出(体験版)(Escape from the Asylum(Demo Version))』を遊びました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ゲームの概要

 展示されていた製品版は、箱に入っており、しっかりとした自宅で遊べるタイプのリアル謎解きゲーム、つまり持ち帰り謎でしたが、今回、紹介するのはDemo Versionということで小規模なものです。
 形式としては封筒に入っており、カード枚数も謎数も少なめです。

ゲームの感想

 想像していたよりストーリー性が豊かでした
 なんとなく事前の想像では、理由なく精神病棟に放り込まれたので、なんとかして脱出せねば、くらいのゆるいストーリーなのでは? と思っていましたが、ぜんぜんそんなことはなかったです。
 父を亡くし、失意のどん底にあった主人公は、兄弟のハメられて、この精神病棟に入れさせられてしまうのです。なんとか脱出しないと、手術をされ大変なことになってしまう! そんなストーリーが、わりとガッツリと書かれていて、最初のうちはカードをめくってもストーリーばかりで謎が出てこなくて驚きました。


 プレイ時間的には30分弱。
 日本語化されていたら、15分も掛からなかったでしょう。
 体験版だからか小規模でしたが、それでも物語の重厚さは伝わってきましたが、精神病棟内の各部屋が封筒という形で表現されていて、謎を解くことで、封筒を開けて、室内の情報が手に入るという仕組みは面白いなと感じました

一緒に遊んだぺこらさんの感想

続きが気になる!!

確かに。あの状況から、どうなるんだろうね。やっぱり、ただ単に緊迫状態から脱出しろって言われるんじゃなくて、ちゃんとストーリーがあると、前向きと言うか、積極的に、脱出しなきゃ! って気分になるよね

うん。しかも、本編の序章も序章だったじゃない。だから、余計に買いたい! ってなるんだよね。他のシリーズだと、ぜんぜん別のストーリーだったりするじゃない

『50クルーズ』なんかは、本編と体験版の内容が乖離してるよね

いいと思う

終わりに

 既に、グローバルでは製品版がリリースされていますし、BGGを見るとお隣の韓国では、韓国語版がリリースされているようなので、日本での日本語版発売も期待したいですね。よろしくお願いします!

【4月22日追記】ホビージャパンから日本語版の発売が発表!


 ホビージャパンから、日本語版の発売が告知されました!
 やったー! ありがとうございます!!