雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2019年に観て面白かった映画ベスト10

f:id:sinden:20200120104317p:plain
 そろそろ2019年振り返り系の記事を書いていきたいと考えています。
 まずは、2019年に観て面白かった映画ベスト10から。昨年は、秋山史上、最も映画を観た年かもしれません。


アラジン

 2019年に観た映画のベストは、ディズニーによる実写版『アラジン』にします!
 こんなメジャーな作品を1位にしちゃって恥ずかしくないの? とも一瞬、思いましたけれど、やっぱりアニメ版の『アラジン』は、子どもの頃に妹たちと何度も観た思い入れのある作品ですし、IMAXで観た美麗な映像は忘れがたいものなので、やはり推さざるを得ません。
 ディズニーの実写映画って、ちょっと敬遠していましたけれど、さすがディズニー、物語の紡ぎ手として一流ですよね。ジャスミンの「スピーチレス」も良かったです。

天気の子

 1位として推したい作品として最後まで、迷ったのが新海誠の『天気の子』です。
 いやあ、やっぱり良いですよ。と言うか、かつてセカイ系を偏愛し、その要素を含む作品を貪るように摂取した人間として『天気の子』は外せないですよ。『君の名は。』でメジャーになって、大衆受けを狙うかと思いきや、ぜんぜん変わってなかったので安心したというのもありますけれど、新海誠は我々の味方ですね!

コードギアス 復活のルルーシュ

 アニメが続きますけれど『コードギアス 復活のルルーシュ』は、ほんとうに良かったです。
 テレビアニメ『反逆のルルーシュ』は、今でもマイベストアニメのひとつですが、『復活のルルーシュ』は、これ以上はないというくらい待ち望んでいた続編でした。これだよ、これが観たかったんだよ……! と、喝采せざるを得ません。ああ、ルルーシュ……C.C.……良かった……。

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション

 この流れで特撮に進みますけれど、一昨年に『仮面ライダージオウ』ではまった仮面ライダーですが、まだ気に入っていて『ゼロワン』は毎週、観ています。
 と言うわけで、『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』も初日にこそ行けませんでしたが、封切り1週間以内に行きました。はまるきっかけになったジオウに再び会えたのも嬉しかったですし、ゼロワンの新しい側面に触れられたのも良かったですね。
『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』は平成の終わり感がありましたが、『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』は令和の始まり感がありましたね。

名探偵ピカチュウ

 これも忘れられない映画です『名探偵ピカチュウ』
 ハリウッド映画なんですけれど、かつてポケモントレーナーだった大人に刺さること刺さること。ピカチュウの中身がおっさんであるというのも、ふしぎな親近感がありますね。ミステリー仕立てになっているストーリーもさることながら、ポケモンが実在する世界観を巧みに描き出していたように思います。

スパイダーマン:スパイダーバース

 準新作となりますが『スパイダーマン:スパイダーバース』は、最高にカッコよかったですね!
 とにかく新感覚と言うか、クールってこういうことなのでは!? という演出が、全編を通して効いていて、すっかり打ちのめされました。スパイダーウーマン、可愛かったですしね!
 そもそも、並行世界物が大好物なんですよ。異なる世界のスパイダーマンたちが集結して、巨悪を討つだなんて、ビビッと来ないわけがないです! めちゃ良かったです。

ダークナイト

 古めの作品になりますが、クリストファー・ノーランによる『バットマン』のリブート作品、ダークナイト・トリロジーは、ずっと観たかった映画です。一念発起して、観ましたが2作目の『ダークナイト』が、いちばん気に入りました。
 とにかくジョーカー……!
 彼の狂気に、メロメロになりました。ほんとうにヤバいのは、ヴィランが持つ特殊能力でも、破滅的な科学力でもなんでもなく、悪の心ですね。タイミングが合わず、まだ『ジョーカー』を観られてないのですが、機会をはかって観る予定です。

スプリング・ハズ・カム

 こちらは2019年の正月休みに観ました、柳家喬太郎主演の『スプリング・ハズ・カム』
 柳家喬太郎は、実写版『昭和元禄落語心中』での演技も良かったですけれど、なんか理想的な父親像ですよね。物腰柔らかと言うか、嫌味がないと言うか、憎めません。
 独り立ちする娘を見送る『スプリング・ハズ・カム』は、そんな柳家喬太郎の良いところが遺憾なく発揮されていました。

THE STORY HOTEL

 ちょっとカラーが異なりますけれど、横浜のアソビルに入っていた『THE STORY HOTEL』で観たショートフィルムの数々も良かったです。
 日本では、映画と言えば1時間~2時間のものが主流ですが、海外では10分~30分のショートフィルムもファンが多いらしく、それらがまとめて楽しめる空間として、実に素晴らしかったです。ただ、ちょっとプロモーションの仕方が上手くなかったのか、早々に閉館してしまったのは、残念なところです。

名探偵コナン 紺青の拳

 最後は毎年新作がリリースされる『名探偵コナン 紺青の拳』にしましょうかね。
 コナンの登場人物のなかでは怪盗キッドがいちばん好きなので、キッドが活躍する映画が悪い映画なわけがありません!
 ちなみにキッドの次くらいに赤井秀一が好きなので、今年の『緋色の弾丸』も楽しみです。

終わりに

 と言うわけで、2019年に観て面白かった映画ベスト10でした。
 今年は、名作と名高い昔の作品をいっぱい観たいなあと思っています。オススメ作品があったら、どんどん紹介してください! よろしくお願いしまーす!


【1月22日追記】翔んで埼玉

 感想記事を書いていなかったので、観たことすらうっかり忘れていましたが『翔んで埼玉』!!
 どうして、この怪作を忘れていられたのでしょうか。『アラジン』と『天気の子』はたまた『コードギアス』で1位をどれにしようか悩んでいたのを馬鹿らしく感じます。だって! 翔んで埼玉の! インパクトに比べたら! もう……!!
 ということで、裏ベストの1位ということにさせてください。全人類必見の日本映画でしょう。

翔んで埼玉

翔んで埼玉

  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: Prime Video

今までのベスト