雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

708

葉桜の季節に君を想うということ (本格ミステリ・マスターズ)

葉桜の季節に君を想うということ (本格ミステリ・マスターズ)

 複数の技巧が凝らされていてたいへん満足。交通事故の真相を探るため霊感商法の内実を探ったり、不可解な殺人事件の真相を解くためヤクザに入門したり、飲み友達の娘を探したり。「何でもやってやろう屋」の成瀬将虎が様々な事件に巻き込まれたり、探偵するのだけれど、その小さな物語のひとつひとつが面白い。この手の小説は、一見、関係なさそうな複数の事件が最後に意外なところで関係してきたり、最後で明かされる真実に大きく驚きの声を挙げて再読を楽しんだりするのが定石だけれど、本書に関しては冒険小説的なところも大事にされているので、読んでいる間も楽しかった。以下、ネタバレ。
 読み終わって最初に感じたのは、タイトルの秀逸さ。はじめて見たときは少し長すぎるんじゃないかと思ったけれど。トリックに関して。基本的に主人公が名前で呼ばれていない点、呼ばれても「トラちゃん」という愛称なので、てっきり二人一役者かと思ってしまった。