雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

プレイヤごとにルールが異なる『ルールの達人』を遊びました

f:id:sinden:20170512195917j:plain
 カワサキファクトリーさんのゲームマーケット2017春の新作『ルールの達人』を遊びました。
 新作……と書きましたが、実際には10年以上前にゲームマーケットで発表し、その後、Z-MAN社より発売された作品が、TANSANデザインで再発売、ということらしいです。
 プレイするのは初めてです。


 喫茶マーブルの地階プレイスペース新装お披露目会ボードゲーム会のときに、まさのいさんにインストいただきました。
 TANSANさんらしいクールでシャープの、いかにもライト層に受けそうとアートワークでありながら、1周した段階で、


「な、なにこれ……(絶句)」


 でした。
 傑作、ではないでしょうか。


 ラウンドにやることは、とっても簡単。
 数字カードとルールカードを1枚ずつ出して、次以降のラウンドに備えて数字カードとルールカードを1枚補充するだけ。
 これだけなのに、狂おしく悩ましく、ゲーム中、何度も番狂わせが起こるのは、どうしてなんですかね。


「いやー、それ出そうと思っていたのにー!」


 とか、


「それだけは止めて欲しいと思っていた!」


 と、悲鳴が絶えません。
 良いゲームの証ですね。にっこり。


 5人で遊びましたが、3人や4人のときはどうなのでしょうか。少し勝手が異なるかもしれません。
 変態トリックテイキングが何よりも好き。という方は、きっと楽しめると思います。