雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ボードゲームを遊んでいると上に乗ってくる、を再現した『ネコは上にのる』遊びました

f:id:sinden:20170524231514j:plain
 十式ゲームワークスさんのゲームマーケット2017春の新作『ネコは上にのる』を遊びました。
 いやあ、最高の世界観です。
 そうなんですよね、猫はね、乗っかってくるんですよね。
 勉強しているときはノートの上に、PCを見ているときはキーボードの上に、ボードゲームを遊んでいるときはボードの上に。そして、


「え? 私、いつもここで寝てるんですけど?」


 みたいな顔で寝るんですよね。
 そういうふてぶてしさや、人間の思考でどうにもできないところが、絶妙に再現されていると感じました。


 プレイ人数は2~4人とありましたが、実質的には、4人専用だと感じました。


f:id:sinden:20170527114617j:plain


 ゲームの目的は、自分の前にカードを積み上げること。
 でも、すぐにネコがやってきて、自分のカードの上に乗ってしまいます。
 勝つためには、もちろん自分の前にカードを出していくしかないんですけれど、ポイントは、いかにネコをどかし、いかに他プレイヤに、自分の代わりにカードを出して貰うか。
 二手先、三手先を読むと良さそうな気がするのですが、けっこうな頻度で番狂わせが発生し、その度に、


「ネコめーっ! ……でも、ネコなら仕方ない」


 と、ほのぼのできるので最高です。
 シンプルでさっくりゲームですけれど、猫好きならきっと楽しめる。秋山は大好きです。