雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

パーフェクトパンダそれともノーパンダそれとも『パンダニズム』遊びました

f:id:sinden:20180112180356j:plain
 ノン・プロダクト・プロダクションさんのゲームマーケット2017秋の新作『パンダニズム』を遊びました。
 ゲームマーケット2017秋において、何故か流行ったカルタ系のゲームのひとつです。
 パンダの絵柄の描かれたカードが計42枚入っています。各パンダカードは、不完全な状態で、白と黒のマダラになっていません。
 どのパンダカードと組み合わせれば、完全に白と黒がマダラになっている──パーフェクトパンダになれるのかを瞬時に見極め、対応するパンダカードを取るゲームです。


f:id:sinden:20171225191822j:plain


 いわゆる『SET(セット)』です。
 ずっとカードを見ていると、目がチカチカしたり、白と黒とが混ざりあって、ふしぎな模様が見え始めたりもします。


f:id:sinden:20180112180505j:plain


 パンダカードのすべてを場に並べるわけではないので、ときに対応するパンダカードがないときもあります。
 そんなときは、


「ノーパンダ!」


 と叫ぶわけです。
 また、42枚のパンダカードの内、12枚はソロパンダカードと言って、絶対に対応するパンダカードがありません。
 そんなときは、プレイヤ自身がソロパンダカードの対応するパンダとなるべく、両目を抑えたり、腕を組んだりして、


「パンダニズム!」


 です。
 動体視力が良いと言うか、カードの識別が得意なひとが圧勝できる系ではありますが、大きく身体を動かしたり、声を出したりが楽しい、盛り上がる系のパーティゲームです。