雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

グラブルプレイ日記『年年歳歳煩相似たり』(ネタバレあり)

f:id:sinden:20180202195957p:plain
 こんにちは、秋山です。
『グランブルーファンタジー』今月のシナリオイベント「年年歳歳煩相似たり」クリアしました。

最近のシナリオイベントはグラブルとしては珍しくずっとシリアス系が続いていたのですが、今月末は久々のコミカル系のノリでたくさんの団員が活躍する新しいタイプのお話になっているのでこちらもお楽しみに!
そして来月末は「どうして空は蒼いのか」から一年ということで、これもまた色々あります。

http://granbluefantasy.jp/pages/?p=16114

 正月に公開されたディレクター福原さんのコメントを見て、コミカル系よりもシリアス系の方が好みの秋山は、正直、どーかなー……? と思っていたのですが、いやはや、まったく、悪くなかったです。
 むしろ良い。
 良かったです。


 毎年、12月の恒例イベント「年年歳歳」が、2017年末は、若干やっつけと言うか、不完全燃焼感があったのですが、このシナリオイベント「年年歳歳煩相似たり」に繋げるための伏線だったんですねえ。


 物語的には宇宙という概念が出てきたことが、ひとつポイントなのでは、と。
 昨年末のイベント「Right Behind You」において、月の存在が示唆されましたが、今回のイベントで宇宙が出てきたことで、けっこう構造がはっきりしてきたなあ、と。
 赤の大地、青の空、星の民、月の民……ファンタジーと見せかけておいて、実はSFだった! と言うのは、秋山の大の好物なので、今から楽しみでなりません。


 2月下旬には「パンデモニウム最終章」が実装されますし、もしかしたらシナリオイベントは「どうして空は蒼いのか」の続編かもしれないし……と、期待大ですね。
 後は「アーカルムの転生」が今のところ作業以外の何物でもないので、もう少しストーリーを持たせて欲しいところです。

合わせて読みたい

www.unjyou.com