雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

LeTAO(ルタオ)のチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』は無限に食べられる

f:id:sinden:20180213214127j:plain
 チーズ大好き秋山です、こんにちは。
 先日、LeTAO(ルタオ)のチーズケーキ『ドゥーブルフロマージュ』を初めて食べたのですが、これがマジで美味しくて無限に食べ続けられると感じました。

元々、チーズが好き

 いや、ほんと好きなんですよ、チーズ。
 ワインを飲むときには絶対にチーズですし、少し前に流行った桃モッツァレラとか、かなりハマりました。
 種類で言えば、外側は固くて、中がドロっとしているウォッシュチーズとか、独自の塩気や風味のある青カビタイプが好きですが、定番のカマンベールチーズも好きです。
 ゴーダチーズは、そんなにでもないですかね。どちらかと言うと、やっぱりやわらかい、クリーム系のチーズが好きです。

でも、量を食べるものじゃない

 美味しいは美味しいですけれど、でも、チーズって山ほど食べるものじゃないですよね。
 口いっぱいに頬張って、がっつり食べるよりも、ちまちまつまむ方が好きです。
 そんなわけで、最初から最後までチーズのカタマリであるチーズケーキは、ちょっと違うかなと思って……いました!


 そう、単に知らなかったのです。美味しいチーズケーキを。


 これからは口が裂けても言いません、チーズケーキは微妙であるだなんて。
 だって、知ってしまったのですから!
 ルタオのドゥーブルフロマージュを!!

ドゥーブルフロマージュでチーズケーキの概念が変わった

 冒頭の写真はバレンタインバージョンですのでチョコがまぶしてありますが、中身はチーズケーキです。
 ルタオは、北海道小樽市に本店を持つ洋菓子店。
 北の大地で育まれた新鮮な牛乳に、北イタリア・ロンバルディア地方のマスカルポーネチーズを融合して作られたチーズケーキ、それがドゥーブルフロマージュです。


 通販すると冷凍の状態で届けられるので、これを4時間かけて冷蔵庫で解凍します。
 すると出来上がるのは、口の中でとろけるチーズケーキ。
 一口ごとに新しい発見があり、ぜんぜん飽きが来ないんですよね。そこそこのサイズ感で、箱を開けた瞬間は、


「けっこう大きいから、半分に切って保存しようかな?」


 とか思うのですが、いざ食べ始めると、毎回、新鮮な驚きがあって、ほんとうに無限に食べ続けられるのです。
 あー、これを書いている今も、あの美味しさを思い出してよだれが出そうになりました。
 調べてみたら、半解凍の冷たい状態で夏場に食べるのも、ひんやりしていて美味しいらしいですね! 食べたい! 夏の暑い日に食べたい! はやく夏にならないかなあ……。

終わりに

 前述の通り、冷蔵庫で解凍する必要があるので、一手間かかりますが、その一手間を掛けるべき一品です。
 Yahoo!検索大賞2017のお取り寄せ部門賞を受賞したらしいですが、納得ですね。通販して冷凍庫に入れておいて、食べる前に冷蔵庫に移して、タイミングが来たら食べる。完璧な流れです。